【海外旅行】1975〜6年南ヨーロッパの旅(5/11)

【6日目】1月2日(金):マドリード滞在 単独ドライブ「ラマンチャ観光」 日出8:36 日没18:20  マドリード自由行動の日なので、昨日に続き、単独ドライブ「ラマンチャ観光」。  6:30ホテル出発。高速4号南行きを目指して入るが、間違って逆方向に入ってしまい、次の出口で引き返す。アランヘス(Aranjuez)通過。ギタ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1975〜6年南ヨーロッパの旅(4/11)

【5日目】1月1日(木):リスボン→マドリード滞在 日出8:36 日没18:20  今日はポルトガル・リスボンを発って、スペイン・マドリードへ行き、その後自由行動。私達夫婦は、レンタカーを借りて、トレド観光に行く。  リスボン発9:30(TW−900)→マドリード着11:45。  注)当時、パソコンもなく、カーナビもな…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1975〜6年南ヨーロッパの旅(3/11)

【4日目】12月31日(水):リスボン滞在 晴れ 日出 8:53 日没 18:25  今日は、終日「ナザレ観光オプション」。全員参加の模様。  7:30モーニングコール。8:00朝食。9:00出発。途中ドライブインでトイレ休憩。ビール7.5エスクード(¥85)。パンケーキ3エスクード(¥34)。  カルダス(Calda…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1975〜6年南ヨーロッパの旅(2/11)

【3日目】12月30日(火):リスボン滞在 晴れ 日出 8:53 日没 18:25  7:30モーニングコール。8:00朝食。9:00市内観光出発(バス)。  サンジョルジュ城→アルファマ→テージョ川沿いに、大吊橋(サンラザール橋)を左に見て→エンリケ航海王子・発見記念碑→ベレムの塔→ジェロニモス修道院→土産物店→ホテル12…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1975〜6年南ヨーロッパの旅(1/11)

 随分昔の旅の記録です。まだT社勤務中、ラインをはずれ「プロダクトマネージャ」という名前で、営業部に出向していた時の、年末年始休暇に継ぎ足して新春1月11日(日)迄、という当時としては(今でもそうだと思います)考えられない長期の休みを取った「旅行」です。ラインの管理職だったら、こんな休暇は取れなかったと思います。上司にも恵まれていました…
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】剥がれる、割れる、錆びる

 食器も永年使っていると、新陳代謝がおこなわれます。  20年以上使ってきた「トレー」(ランチョンマット代わりにもしていました)ですが……  これは、接ぎ合わせてあったのですが、最初ひび割れの感じでしたがその内に真っ二つに割れてしまいました。今は強力な接着剤がありますが、部材を合わせてみても隙間ができるようで、下手に接着して…
コメント:0

続きを読むread more

【写仏】風神/雷神

 「風神・雷神」は自然現象を神格化した一対の神で、もとは仏界のバランスを崩す悪魔神でしたが、千手観音の眷属である二十八部衆に降伏して家来になりました。京都の三十三間堂(蓮華法院)には二十八部衆と共に安置されています。国宝に指定されています。  この三十三間堂の像の写仏原本が「えんぴつでなぞれば心が安らぐやさしい写仏」にありましたの…
コメント:0

続きを読むread more

【写仏】四天王(東大寺戒壇院)

 「写仏」の名を借りての「仏像探求」が続きます。  「四天王」は六欲天の第1天、四大王衆天(四王天)の主。須弥山頂上の忉利天(とうりてん)に住む帝釈天に仕え、「八部鬼衆」を所属支配し、その中腹で共に仏法を守護する。 持国天 - 東勝身洲(とうしょうしんしゅう)を守護する。乾闥婆、毘舎遮を眷属とする。 増長天 - 南贍部洲(…
コメント:0

続きを読むread more

【写仏】十二神将(奈良国立博物館)

 「新薬師寺」の画像を得る前に、「奈良国立博物館」のものを写仏していました。これはかつて横浜市金沢区の太寧寺(たいねいじ)に伝来した十二神将で、木造 檜材 一木造 彩色(剥落) 玉眼 立像。鎌倉時代 13世紀。  各像の姿勢や持物、髪型や兜(かぶと)の形状などは、鎌倉・覚園寺(かくおんじ)像とほぼ一致することから、本像も、鎌倉国宝…
コメント:0

続きを読むread more

【写仏】十二神将(新薬師寺)

 「写仏」という手段を借りて、実は「仏像」の復習/勉強をしています。  「十二神将」は「薬師如来」を守護するとされる十二体の武神です。似たものに先に挙げた「十二天」(帝釈天や梵天など)がありますが、別物です。  奈良の「新薬師寺」にあるモノが奈良時代(8世紀)に作られた最古の作であるとともに造形的にも優れたものとして名高く、…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(15/15)

【第12日】6月26日(日)ヴァル日出時刻:05:31 アッペンツェル日没時刻21:23 スイスフラン(CHF)=¥90 のつづき  ヴァルスから北上、クール(CHUR)の先のドライブインでハムチーズサンドイッチとコーラ(CHF9.4)。車中で昼食。  アルトシュテッテン(ALTSTATTEN)14:50。何か「お祭り」があ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(14/15)

【第12日】6月26日(日)ヴァル日出時刻:05:31 アッペンツェル日没時刻21:23 スイスフラン(CHF)=¥90  ピーター・ズントー設計。1996年竣工。内外壁に地元産のヴァルス石(石英系)を積層して使っています。凹凸の少ない切り立ったような空間設計は独特の雰囲気。  このの挿絵は、芸術作品のため、すべて「写真」で…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(13/15)

【第11日】6月25日(土)トゥルン日出時刻:05:31 ヴァルス日没時刻21:20 スイスフラン(CHF)=¥98。  トゥルンは、Sさんのリクエスト。絵本作家「アロイス・カリジェ(Alois Carigiet)」の生まれた街です。 絵本「ウルスリのすず」は原作に使われたロマンシュ語の他に、英語、日本語、アフリカーンス語な…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(12/15)

【第10日】6月24日(金)ヴァルディリエ日出時刻:05:41 トゥルン日没時刻21:22 ユーロ(€)=¥135  今日はレゾートを後にして、「フルカ峠(FURKA PASS)」を越えて「トゥルン(TRUN)」という街迄行きます。  9:00出発。降りの途中。来るとき、途中で道を尋ねたお店があったので、御礼かたがた立ち寄る…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(11/15)

【第9日】6月23日(木)ヴァル・ディリエ日出時刻:05:41 日没時刻21:28 ユーロ(€)=¥135  明日の出発に備えて、今日は午前中、本部へ行って「チェックアウト」精算済ませ、近所を散策。昼食後Sさんを残して車で、4人でこの近くの探検。Sさんは残って「カレー」を作って下さるそうです。  あらためて私達のユニットの家…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る