【雑感】複十字シールと安野光雅画伯

  10数年前から、何の縁で始まったか、毎年「結核予防会」の求めに応じて寄付するようになりました。  最初の頃は「寄付金」を振込んだら、御礼の印みたいな格好で「複十字シール」というのを送って来ていました。数年前からは、『複十字シール募金』ということで、こんな案内が来ています。 --------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】驚異!カミソリの寿命

 2020年06月02日ー【雑感】浴室まわりの話題(バスタオル、カミソリ)ーhttps://romaneko.at.webry.info/202004/article_11.htmlで書いた「カミソリ」についての、その後の実績報告です。  使っているのは「シック Schick 5枚刃 ハイドロ5」。昨年は4月~5月(2ヶ月)、6月…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(15/15)

【第24日】1995年5月17日(水):インスブルック→ウイーン  列車は11時7分発。結局街へ出掛ける余裕はなくホテルのアーケードで時間を潰し、すぐ向かいの駅売店でバナナ、チョコなどを買って列車を待つ。  インスブルクからウイーンへは急行列車「インターシティ」で約5時間強。もったいないようではあるが、飛行機もつまらないし、…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(14/15)

【第22日】1995年5月15日(月):ザルツブルク滞在  ザルツブルク郊外を「日本語ガイド付き観光バス」でゆっくり楽しもうということで、電話で「マイバス・ザルツカンマーグート半日観光」@600AS(¥5,400)を申し込む。  午前中は旧市街散歩で、ザルツブルク音楽祭のメイン会場になる「祝祭劇場」を覗いたり、カテドラルなど…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(13/15)

【第20日】1995年5月13日(土):ハルシュタット→ザルツブルク  ここハルシュタットは、ケルト文化の発掘で有名。紀元前8〜4世紀のケルト文化を「ハルシュタット文化」という。  栄えた理由の一つに、ここには古くから「塩の採れる鉱山」があったことが挙げられる。いわゆる「岩塩」であるが、これは太古の昔、海が造山運動などの地殻…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(12/15)

【第18日】1995年5月11日(木):ウイーン滞在  朝7時ホテルを出て、「オペラ」近くのエイビスで車を借りて「ウイーン南郊」へ出発。  スタートしてすぐ「ガスメーター」が満タンになっていないことに気がつく、引き返して給油してもらうが、こんな時でも全く謝らないのが癪にさわる。 (今まで数十回レンタカーを借りたが、こんなこ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(11/15)

【第17日】1995年5月10日(水):ウイーン滞在  ウイーン北西郊外のハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)にある「ベートーベンの遺書の家」を訪ねる。  私の思い入れは、中学1年にさかのぼる。「弁論部」に入って最初に与えられた原稿の中にこの「ハイリゲンシュタットの森で書いたベートーベンの遺書」という言葉があっ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(10/15)

【第16日】1995年5月9日(火):ウイーン滞在  ダイニングキッチンでの朝食も快適。歩いてまずシュテファン寺院(St.Stephan)へ。この大聖堂の屋根は、フランス・ボーヌのオテル・デューと同じように、瓦が白赤茶黄緑黒とカラフルに塗り分けられ、塔に登ると、まじかにハプスブルク家の紋章や筋目模様をかたどった瓦が色鮮やかに眺めら…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(9/15)

【第14日】1995年5月7日(日):パリ→ウイーン  フランスを離れてオーストリア・ウイーンへ・・・  オーストリア航空はエールフランスと同じターミナル2から出る。重いワインの袋を扱いかねて、折り畳みカート 225FF(¥4,000)購入。  いろいろ考えた末、このワイン8本入りの袋はウイーン空港の手荷物預け所に13…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(8/15)

【第12日】1995年5月5日(金):  「タンプリエ」セミ・スイートルームの離れ屋での一泊、夕食、朝食も充分楽しんで、出発。  パリ西郊の「プロバン」(Provins)へ、その前にそのすぐそばにある「サンルー」(St.Loup de Naud)という村の「ロマネスク寺院」に立ち寄る。(「ほあぐらさん」から出発直前に聞い…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(7/15)

【第10日】1995年5月3日(水):ボーヌ滞在  アルザスにくらべここのブドウ畑は、少しみどりが多い。でも、まだワイン畑特有の白茶色の土がむきだし。地図と標識/カーブの看板などを見比べながら、南へ「コート・ド・ボーヌ」という地域だ。  ボーヌの町を離れると、最初の村が「ポマール」(Pommard)。おっ、昨日買った銘柄だ。…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(6/15)

【第8日】1995年5月1日(月):メッス→ストラスブール  さて、今日は以前「ほあぐらさん」達とアルザスに来たとき、見残した田舎のロマネスク寺院を見て、ドイツOFFでも泊ったストラスブールに向かう。  天気は回復して、ロレーヌ地方からアルザス地方へ。できるだけ高速を使わずに、フランスの田園を満喫する。  日本(東京地…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(5/15)

【第6日】1995年4月29日(土):エペルネ→ヴェルテュス→ドムレミ→ナンシー  昨日とは別の「シャンペン街道」を走りロマネスク寺院のある「ヴェルチュス(VERTUS)」へ。ここの教会は町中だが、側の池越えのショットが美しい。  植物模様なのか?怪物なのか?柱頭彫刻は面白い。  「シャロン・シュール・マルネ(Chal…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(4/15)

【第5日】1995年4月28日(金):ラオン→ランス→エペルネ  8時半スタートで REIMS(←これランスと読む。フランス語の発音は難しい)へ・・・。  フランス王はこのランスで戴冠式をあげることで、正式な王とみなされることになっていた。ジャンヌダルクの時代、フランスにはイギリス王を兼ねるヘンリ6世とシャルル6世の王太子シ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(3/15)

【第3日】1995年4月26日(水):ウイーン→パリ  ウイーン空港で少し時間があったので、アメックスとダイナースのラウンジ(待合室)をハシゴしてみる。  最初は、アメックス。ちょっとエレベータで上がったりして、奥まった所にあるが、20~30坪位ありそうなゆったりしたスペースで、同伴1名まで飲物おつまみ類無料。セルフサービス…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(2/15)

【第1日】1995年4月24日(月):自宅→成田→ウイーン  成田では、ダイナースクラブの休憩室(飲み物無料サービス)を利用してみる(もちろん会員専用)。ここには新聞その他の読み物が置いてあり、JALのパリガイド、ウイーンガイドのパンフレットを貰う。沢山資料は準備した積りだったが、この2冊は意外に見やすく、役立った。  注)…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1995年フランスオーストリア27日間の旅(1/15)

【旅の発端】  後半のオーストリアは、前年ご一緒したI夫妻とご一緒した個人旅行です。前半のフランスは妻と2人旅。何れもレンタカー利用。  5月には、去年から決まってた「ほあぐらさんたちとロマネスク最後のメッカ、スペインカタルニア」。ところが御不幸があって急遽中止。  私達は、そのあと妻の友人夫妻とオーストリアを計画していた…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】Happy Color:余り有名でない作家の絵

 トマス・ゲインズバラ (Thomas Gainsborough)の「青の夫人像(Lady in Blue)」。18世紀のイギリスの画家。  ヴィゴ・ヨハンスン(Viggo Johansen)の「ハッピークリスマス」。はデンマークの画家である。19世紀末に活躍した。  ヘンリー・モスラー(Henry Mosler)「クリスマ…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】Happy Color:「クラナッハ」「ドガ」その他

 「ルーカス・クラナッハ父(Jucas Cranach der Ältere)」の「ヨハン・フリードリッヒの少年時代(6才)」。ロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵。1509年、板に油彩、41.3×31cm。  クラナッハは1505年にザクセン選帝侯の宮廷に召し抱えられて以降、宮廷に出入りする身分の高い人びとの肖像画を描いていた。…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】塗り絵ゲームHappy Color「貴婦人と一角獣」

  「貴婦人と一角獣(きふじんといっかくじゅう)La Dame à la licorne」。英語では「ユニコーン(Unicorn)」。  これは、絵画でなく、タペストリー(つづれ織り)の6枚からなる連作。パリの「国立中世美術館 (Musée national du Moyen âge」 通称「クリュニー美術館 (Musée de…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る