【仏教】写仏(5)仏像(諸仏・諸尊)について

 「写仏」を始めて見ると、「仏像」の詳しい本が欲しくなりました。以前はたくさん持っていましたが、全て処分してしまい手元には何も残っていないので、あらためて「ネット」で探索。  「仏像の事典」熊田由美子監修を見つけました。アマゾンのマーケットプレイス「一期一会商店」古書です。価格:¥ 173。配送料・手数料:¥ 257。合計: ¥ …
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(4)阿弥陀如来

 「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」の画像を下敷きにして、iPadProの上でApplePencilを使って「写仏」をした私の作品の続きです。    教本は「如来」が続きます。「西方極楽浄土の主・阿弥陀如来」です。  この図は「真言密教」の「紅玻璃式阿弥陀如来」と呼ばれているモノのようです。「定常印」といって、両手を交差…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1994年河西回廊の旅(7/15)

【第5日目】9月16日(金)。  今日は蘭州滞在、一日「炳霊寺石窟」見学。  8:00バスに乗り出発。舗装された道を2時間、黄河をせき止めて作った劉家峡ダムに到着、ここから遊覧船に乗る。他の団体客の遅れの為1時間も待たされ、11:00船出。  200人位乗れる小奇麗な船の上甲板サロンに陣取って、それほどの景色でもない中…
コメント:0

続きを読むread more

海外旅行】1994年河西回廊の旅(6/15)

【第4日目】9月15日(木)  夜行列車で蘭州着8:30。第4日の朝である。今日の宿舎、金城賓館で朝食。ここも当地では最高級ホテル。  10:30バスで、白塔山公園へ、高さ200m程の小山の頂上に元の時代に建てられた白塔がある。七層高さ17m、山全体が公園になっている。山上からは、眼下に黄河(中山)鉄橋が見え、蘭州の街が一望…
コメント:0

続きを読むread more

海外旅行】1994年河西回廊の旅(5/15)

【第3日目】9月14日(水)  曇り時々小雨。朝食8:45、出発9:30。麦わらを積み上げたような形からこの名のある「麦積山石窟」。今回の目玉のひとつである。バスで東南30km、日本と変わりがないような山村風景のなか、ぽっこりと山並みのはずれに立っている。 高さは142m。石窟は地上20m〜80mの垂直の崖に掘られてある。 …
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1994年河西回廊の旅(4/15)

【第2日目】9月13日(火)  西安の朝です。7:00、各自自由にバイキング。中華、和食、洋食3種よりどり見どりの朝食。このあたりでは結構ヨーロッパの団体客も多く見掛ける。  9:00ホテル発、バスで最近開館した「陜西省歴史博物館」に行く。新しい建物だが、館内の床は「研ぎ出し」のコンクリート、したがって水を撒いて掃除をするら…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1994年河西回廊の旅(3/15)

 さていよいよ出発ですが、もう一度、概略行程を記しておきます。  今回の旅は、シルクロードの起点西安(昔の長安)を出発点としてすぐ西の渭水(いすい)に沿った天水にある「麦積山石窟」。続いて蘭州から西の黄河の劉家峡ダムの上流にある「炳霊寺石窟」の二つを見学したあと、蘭州から敦煌まで約1100kmを「バス」で縦断。  蘭州から2…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1994年河西回廊の旅(2/15)

 「河西回廊」というのは、中国の中原地方(洛陽・西安)から西域への接続部分であり、南は祁連山脈を越えて青海省に、北はゴビ砂漠の内蒙古自治区に挟まれた、幅の狭い(一番狭いところで70km)長さ1500kmにわたるシルクロード交通の要衝の地域である。  「河西」とは黄河の西という意味で、「回廊」は文字どおり細長い廊下のような地形を表わ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1994年河西回廊の旅(1/15)

 1994年(平成6年)9月、「朝日サンツアーズ」主催の「河西回廊バス横断と麦積山・炳霊寺石窟13日間」のツアーに参加したときの記録です。参加人員10名、添乗員1名、現地全線随行ガイド1名、の構成です。結構費用も高く、1人¥395,000。  例によって「グーグル」のマイマップで、宿泊地を並べたのが下図です。 ●簡単な日…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】「スカーレット」と「黄櫨染(こうろぜん)」

 最近のニュースとして「色」2つ。  NHKの朝ドラ「スカーレット」。今までとは一風変わったタイトルなので、チョット調べて見ました。NHKのサイトの説明では……  タイトル「スカーレット」とは:緋色(ひいろ)のこと。伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤。緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつである。主人公の生…
コメント:0

続きを読むread more

【昔と今】薬の形態

 私の子供の頃、昭和一桁か10年代は「医者」から貰う薬は、「粉薬」か「水薬(みずぐすり)」でした。  「粉薬」もこのような包みに入っていました。挿絵は「粉薬の包み方」です。 そして「頓服薬」は「キケン」「注意」の意味でしょう、「赤色紙」でした。  戦後も「粉薬」がありましたが、機械を使って包む、このような形になりまし…
コメント:0

続きを読むread more

【健康と医療】見直した「ゼリー飲料」

 あの「四角い袋」の上についた飲み口から「チュウチュウ」と吸う「ゼリー状の飲料」。どうも昭和の人間としては取っつきにくい代物でした。  でもチョット体調を崩したとき、姪が「マルチビタミン」とか「プロテイン」「エネルギー」など数種類買って来てくれて、飲んでみると、意外にスッと好きになりました。吸わなくても、袋をつぶすように押さえると…
コメント:0

続きを読むread more

【健康と医療】「NHKガッテン」嚥下機能向上

 何というタイミング!!  一昨日、このブログに【「マウササイズ」口腔機能向上訓練】をアップしたばかり、その翌日2019/10/23「NHKのガッテン」で「肺炎防止・1回10秒!口開けトレーニング」の放送がありました。偶然のことですが「グッドタイミング」。  観られた方が多いと思いますが「誤えん性肺炎」防止に「嚥下(えんげ)…
コメント:0

続きを読むread more

【健康と医療】「マウササイズ」と「タンパク質をとろう!」

 【マウササイズ】これは、私の通っている「フィットネス型デイサービス・ビーナスクラブ」での造語でしょうか?「口腔/マウス(Mouth)」と「運動/エクササイズ(Exercose)」を合成して「マウササイズ」といっています。「口腔機能向上訓練」の事です。昨年秋ぐらいから始まった15分〜20分くらいの「サービス」です。  字が小さいの…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(3)釈迦如来(2/2)

 「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」の画像を下敷きにして、iPadProの上でApplePencilを使って「写仏」をした私の作品の続きです。  「釈迦如来」の続きです。  「4釈迦苦行像」。お釈迦様がさとりを開かれる前、断食など諸々の苦行をされたと伝えられています。最も有名なのは2〜3世紀頃の作品で、現在パキスタン・…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(2)お手本・釈迦如来(1/2)

 Kindle本で「お手本」見つけました。  「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」¥1,992。何時も買う文庫版小説に比べると、チョット高いですが、これを私の「iMAC5K27インチ」でKindleで開いて、スクリーンショットで画像を取り込めば、「2224×1668pixel」程度の画像がえられます。  今の挿絵は「はが…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(1)はじめに・大日如来

 次にアップする「1994年河西回廊の旅」の原稿を書いていて、いろいろ資料に当たっていますが、「仏像仏画」の復習をしてみようと思い立ち、ふと「写仏」の文字が目に入りました。「写仏」は元来、原画の上に半紙を載せ、面相筆のような細い筆で「墨」で描いていくものと思っていましたが、今は手軽に、ペンや鉛筆でなぞる方法も紹介されています。  …
コメント:0

続きを読むread more

【健康と医療】ビーナスクラブ高鷲の日帰り旅行

 私が週一回通っている「フィットネス型デイサービス・ビーナスクラブ高鷲」では、年一回、「ビーナスツアー」と称して「日帰り旅行」の企画があります。昨年秋「神戸クルーズの旅」というのに申し込んでいましたが、東京の「悠遊会三﨑港合宿」と重なり、キャンセルしました。  今年は10月6日(日)で、翌日は「悠遊会展打上」の東京一泊旅行ときびし…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】私の読書遍歴(13)長篇三人全集・一人三人全集

 個人の「全集物」も数多く出ましたが、昭和6年〜7年の「長篇三人全集」は当時の「恋愛小説・家庭小説の流行作家」加藤武雄、中村武羅夫、三上於菟吉の三人だけの全28巻の全集でした。「軒店古本店」では人気でした。  あちらこちら調べて、やっと全巻のリストが出来ました。 01 地靈:中村武羅夫著 02 沈黙の塔 ; 春遠からず:加…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】私の読書遍歴(12)古本店での本の仕入れ

 以前にも書きましたが「古本店」は「古物商」の「鑑札」をうけて「古物の売買」が出来るのです。  店頭へ素人のお客さんが「本」を売りに来ることがあります。その場で「目利き」して、値段をつけて買い取ります。小学6年生の私でも.客が信用すれば売り買い出来ます。厳密には「父」しか「鑑札」を持っていないなですから「違法」ですかな?原則的には…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る