【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(7/15)

【第5日】6月19日(日)ベルフォール日出時刻:05:34 リゾート日没時刻21:27 ユーロ(€)=¥135  この日は、バーゼルで美術館を見て、スイス・ジュネーヴ近くの、山のリゾートに宿泊の予定。  これも、【海外旅行】トラブル物語(2)車上荒らし で書いているので、ちょっと原文そのまま引用してみます。(挿絵2〜3追加…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(6/15)

【第4日】6月18日(土)ベルフォール日出時刻:05:34 日没時刻21:33 ユーロ(€)=¥135  今日は、アルザス方面、日帰りです。ナビゲーターがいないので、私は朝早く起きてドライブ経路の確認。  8:30ホテル出発。10:50ストラスブール(STRASBOURG)到着。パーキングに車をおいて、市中散策です。「プチフ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(5/15)

【第3日】6月17日(金)ヴェズレー日出時刻:05:47 ベルフォール日没時刻21:33 ユーロ(€)=¥135  ヴェズレーの宿で、起床6:30。裏の田園風景が素晴らしい、広がる野と森、紫がかった濃い屋根の館の調和が、如何にもフランスの雰囲気。  表側からは丘の上に聖マドレーヌ寺院が望まれる。  朝食7:30。8:5…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(4/15)

【第2日】6月16日(木)パリ日出時刻:05:47 ヴェズレー日没時刻21:56 ユーロ(€)=¥135  今日はパリを離れて東へ、ヴェズレー泊の予定。  ホテルチェックアウト、我が家の精算€341.40(¥46,256)。内パーク代€27。三泊ですから、まず妥当。パリ市内は高いので、郊外でしかも格を下げて「ノボテル」の下の…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(3/15)

【第2日】6月15日(水)パリ日出没時刻:05:47 21:56 ユーロ(€)=¥135  今日もパリ観光。午前中は車を使って「コルビュジエ」の「サヴォア邸」見学。09:00出発。09:30到着。残念ながら10:00オープン。  時間つぶしに、近くの「教会」を覗く。「サン・ルイ・ド・ボールガール(SAINT LOUIS DE…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(2/15)

【第2日】6月14日(火)パリ日出没時刻:05:46 21:55  レンタカーは置いて、出かける。07:45ヴェルサイユのホテル出発。08:00高速電車RERでパリ市内へ。08:30「マルス広場/エッフェル塔(CHAMP DE MARS/YOUR EFFEL)」駅下車。  「ル・コルビュジエ」を訪ねる旅ですが、まずは、その先…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2005年フランス・スイス建築の旅(1/15)

【発端】  以前、このブログで以前「2004年北欧の旅(1〜21)」https://romaneko.at.webry.info/201812/article_1.htmlをレポートしました。  この時は建築家「アルバー・アールト」でしたが、その翌年、味を占めて今度は建築家「ル・コルビュジエ(Le Colbusier)」の作…
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】スケッチ会作品(3)辛国神社、白鳥神社、本町公園など

 「道明寺天満宮」を本拠にはしていますが、時々変わった所を選んで描いています。  「スケッチ会」発足の地である「辛国神社」。ここは東西に細長い境内で、その真ん中辺りにある鳥居の所です。  今から千五百年程前、雄略天皇の御代に創建された神社で、当初は物部氏がその祖神「饒速日命(にぎはやひのみこと)」を祀ったが、その後同族の「辛…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】元気の矢/鳩森八幡神社

 毎年、「ほあぐら&とりゅふ」さんが、お詣りして頂いてきた「鳩森八幡神社の元気の矢」を郵便で送ってきてくださるのです。  長さ約20センチです。  一寸考察してみましょう。もともとは「破魔矢(はまや)」といわれていたものです。  「ウィキペディア」によると:破魔矢(はまや)とは、正月の縁起物や神具として神社・寺院で授与…
コメント:2

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮スケッチ(5)

 道明寺天満宮を主にした「スケッチ会」も、もうこの(2020年)3月が来ると6年になります。  境内あちらこちら描きましたが、紹介していなかった所や、催しなども掲載してみましょう。  「スケッチ会」には車で参加する人も多いので。駐車場が必要です。「道明寺天満宮」境内参道の東側に30台ぐらい置ける駐車場を持っています。挿絵はそ…
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室「水彩静物画」(11)

 2019年10月から年末まで……。  今年も「スダチ」頂いたので、一寸配置に工夫して描いて見ました。   次の絵が昨年のです。  昨年は「バック」を描かなかったのですが。今年は「青バック」です。以前の方が「スッキリ」しているように思いますが。一寸バックが濃すぎた感じです。バックを描かないと未完成な感じといわれるのです…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】2020年 書き初め

 2020年、令和2年、明けましておめでとうございます。   今年は、年賀状にも先日来アップしている「写仏」を使いました。 そして、それに連れて「書き初め」は「般若心経」の「写経」にしました。  これも「iPad」での写経ですが「Procreate」のブラシで、書道用の「筆」のタッチのが見つからず、筆先が丸いのが気になり…
コメント:0

続きを読むread more

【特報】(無料キャンペーン)昭和/平成の思い出をつづる第三巻〜第六巻のキンドル本

 今書いている「ブログ:昭和/平成の思い出をつづる」の最初の部分は以前(2018・5・31)「八八歳・昭和の思い出をつづる三部作」としてKindle本にしましたが、この後(2018・8)に続編の「昭和/平成の思い出をつづる」第一巻第二巻もKindle本にしました。  このたび、「昭和/平成の思い出をつづる」の第三巻〜第六巻もキンド…
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室「水彩静物画」(10)

 2019年7月から9月までの作品を振り返ってみます。  初めての「西洋人形」です。「顔」とくに「眼」が難しいです。サイズが「F4」なので、上下がつまります。バックが強すぎ、全体にゴテゴテした感じになりました。でもマズマズでしょうか。  「野菜果物」。バックを淡くしてみました。ブドウの粒の描写が雑で丸く見えません。  …
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(15)十大弟子

 釈迦の弟子の内主要な10人の弟子を「十大弟子」と呼びます。これで思い出しますのは「棟方志功」の木版画「二菩薩釈迦十大弟子」という、六双の屏風絵です。相当クセのある表現で、写仏を試してみましたがうまく行きません。  奈良の興福寺に奈良時代に作られた国宝級の「十大弟子像」がありますが、残念な事に六躯しか残存していません。京都の千本釈…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(14)敦煌飛天と雲中供養菩薩

 「敦煌」へは3度訪れたので、どの時だったか忘れましたが、「飛天」の「版画帳」(8枚の絵)を買ってありました。引っ越し前に「スキャナ」でコンピュータに入れてありましたので、思い出して「写仏」の対象にしました。  原本はB5サイズの折り本で、このようなものです。  この「優美」さは素晴らしいですね。第何窟の模写か?少し…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(13)浄土真宗・本願寺派の阿弥陀如来絵像

 先に「阿弥陀如来像」の写仏をしましたが、それは「密教」(真言宗)の諸仏の中の「阿弥陀如来」でした。  浄土真宗においては、阿弥陀如来一仏を本尊とする。中心教義も阿弥陀如来の本願力にのみ帰依することとなっております。また、真宗においては、『観無量寿経』の「住立空中尊」という表現から、立像であるべきとされています。その「阿弥陀如来像…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(12)天部ほか(2/2)一応完

 「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」の画像を下敷きにして、iPadProの上でApplePencilを使って「写仏」をした私の作品の続きです。  「34吉祥天」。  もとヒンドゥー教の女神である、ヴィシュヌ神の妃「ラクシュミー」が仏教に取り入れられたもの。功徳天、宝蔵天女ともいう。仏教においては、父は徳叉迦(とくさか)…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(11)天部ほか(1/2)

 「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」の画像を下敷きにして、iPadProの上でApplePencilを使って「写仏」をした私の作品の続きです。  「30梵天(ぼんてん)」。  「梵天」は、仏教の守護神である天部の一柱。古代インドの神ブラフマーが仏教に取り入れられたもので、十二天の一つ。  注)仏教における「天」あ…
コメント:0

続きを読むread more

【仏教】写仏(10)明王部

 「画僧 牧宥恵の なぞって写す仏画入門」の画像を下敷きにして、iPadProの上でApplePencilを使って「写仏」をした私の作品の続きです。  「24不動明王」。  「不動明王」は「大日如来」の教令を受けて「邪悪」「煩悩」を破壊し衆生を強化するとされています。日本では「不動信仰」が盛んで、「お不動さん」の愛称で知られ…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る