【健康と医療】「NHKガッテン」嚥下機能向上

 何というタイミング!!

 一昨日、このブログに【「マウササイズ」口腔機能向上訓練】をアップしたばかり、その翌日2019/10/23「NHKのガッテン」で「肺炎防止・1回10秒!口開けトレーニング」の放送がありました。偶然のことですが「グッドタイミング」。
logo_gatten.jpg

 観られた方が多いと思いますが「誤えん性肺炎」防止に「嚥下(えんげ)機能向上」として、一日五回程度、思いっきり大きく口を開けて10秒間。これで「舌骨上筋群」と呼ばれる筋肉が鍛えられ、飲み込み力の改善ができ、飲み込みの際、チャンと気管の方に蓋ができで、「誤嚥」がなくなるという話。
口開け10秒.jpg

 「ビーナスクラブ」の「マウササイズ」のプログラムの中にはありませんでした。今後加えられるかも知れませんね。

 放送でもすすめていましたが「トイレ」のさい毎回、思い出して、ここで「10秒間口開け」をすることにすれば、だいたい一日5回ぐらいになるだろうと。少なくとも一ヶ月は続けないと、2週間ぐらいから効果は出てくるそうですが。

 それで「ネット」を調べていたら、挿絵のように「あご持ち上げ体操」というものが見つかりました。「両手の親指をあごの下に当てて、顔を持ち上げようとします。それに逆らうように、あごを下に傾けて押し返します」。

 このシンプルな体操で、嚥下で活躍する舌骨上筋群が鍛えられるんです。
押し上げ.jpg

 いろいろ「いいこと」を知っても、続けて実行しなければダメなんですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る