【昔と今】新聞について

【旅行記連載中ですがもう一件割り込みです】

 日刊新聞については、「親の時代」(神戸市灘区昭和8年頃からの記憶)から「朝日新聞」一辺倒でした。東京小金井にいる現役の間も「朝日新聞」ということで何の抵抗もなくとっていました。新聞といえば「朝日」とアタマに刷り込まれていました。若いときはご多分に漏れず、やや「左傾」ですから、全然違和感がありませんでした。
画像

 会社役員になってからは「日経」をとらなきゃいけないものとして、「朝日」とダブルでとっていました。会社にも「日経」や「日刊工業」などがあり、社長秘書は毎朝「人事欄」や「死亡広告」を見逃さず、お付き合いのあるところへは漏れなく「祝弔電・供花」や「参列」のチェックをしていると聞いて、アア新聞でそういう仕事としている人がいるんだなと知りました。
 
 私などは、当時はぼんやりと、見出しを一覧する程度でしたが……。当時は会社の職場でも「新聞」を読んでいました。あまり確かな記憶ではありませんが……。少なくとも「日刊工業新聞」はありました。「新聞」に目を通すことも、仕事の内だったようです。会社で何部とっていたんでしょう?

 退職して「小平のマンション」に越してきた時、加入員の競争で「毎日」を取り始めました。その後何故か一時「読売」を取ったこともありましたが、「野球欄」を超えての「巨人偏向」なので「阪神フアン」の我が家には耐えきれず、また「毎日」に戻っていました。その頃から「朝日」の左傾が目につき、「朝日」に戻ることはありませんでした。

 さて5年前に藤井寺での「寄寓生活」が始まると、この姪の家は主人は東京に単身赴任、成人した2人の子たちは家を離れて独立という状態から、「新聞」はとっていませんでした。何か一間(ひとま)の生活になると「社会」から脱落していくように感じて、久し振りに「朝日」を取ることにしました。2014年10月(藤井寺へ来てから一年目)一年契約で。
画像

 失敗でした。まず折り込み広告が多いこと、日常生活しているTVのある食卓で新聞を広げて見るスペースがなく、パソコン机のある書斎も狭く、結局何か「電車の中で」読むような折りたたみ方式になり、あの2面を広げて「概覧する」ことが出来ず、積んでおくと、結構かさばって置き場にも困るという、厄介者に成り下がり、それに加えて、やはり左傾というか「反日」「自逆」記事が目立ち、イヤになってきて、契約の一年を待って、すっぱり辞めました。

注)そういえば、昔は電車の中で新聞を読んでいる人がいましたね。今はマッタク見掛けません。みんなスマホですね。

 期間中パソコンやタブレットで読めるデジタル版も購読していましたが、配達紙併用なら500円か1000円で見られたのですが、配達紙を止めると3800円と高価になり、これも取り得ず止めることに……この頃「産経新聞」がスマホで、まるごとタダで読める時期があったようですが知りませんでした。

 妻は神経痛と老眼から、ドカッと読書量が減り、新聞ニュースも読まず、TVとラジオから受け取っている感じ、私はパソコンや、タブレット、スマホの三本立てで、そこからニュースを拾えるので、「新聞」を止めて、すっきりしました。

 さてそこから3年、本当はあの「新聞紙面」の大小見出しのある、何でも載ってる雑然とした紙面には未練があったのですが、もう視力も落ちて紙媒体はゴメンで、過ごして居ました。

 ところが、先日「iPad初期型」の代わりにAmazonのクリスマスセールかなんかで 9,980円の「キャンペーン価格」で「Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB 」というのを手にいれました。その中に「産経新聞」のPRアイコンがついており、それを辿って「今だけ200円『産経デジタル』」を知り、フル紙面モードで利用出来るのが判り、6月から正規価格1944円に戻ることを承知で、購読を始めました。月極ですから、何時でもやめられます。
画像

 さて「産経」は全くの「財界御用」「自民代弁」「右傾愛国主義」とあまり評判が良くないのですが、超高齢の私にとっては「違和感のない」……というより、とてもまともな論説と記事です。韓国国会議長のアメリカでの暴言、それに対する反論……など、中国や北朝鮮、ロシアなどの人権問題への記事の詳しさはTVではうかがえないモノ、ただ「原発支持」だけは私と少し違うのですが、(私はなんとかして早く止めないと、また大きい災害がくるのではないかと心配しています。)その他は「同感」の記事が多く、2月初めからのバックナンバーを含め、一覧終えたところです。

 朝刊は東京版ですが(別に大阪版画面あり)夕刊は大阪版と配慮が届いており、未だ数日の購読ですが満足しています。

 新聞って何でも載っているんですね。マンガ「ひなたちゃん」をはじめコラムの「産経抄」、社説の「主張」などを中心に読みましたが、ニュース以外に色んな随想、書評、映画評から季節のレシピ、「皇太子の会見全文」なども、ネットで検索すると読めますが、簡単にこのように提供して貰うと「若干受け身的な感じ」はしますが、情報の豊富さを感じます。

 スクラップ機能もあり、その昔を思い出して夕刊面に掲載中の「フェルメール事典」の切り抜きなどをして楽しんでいます。

 本当は「朝日」もとって、両紙を比べると、オモシロいと思うのですが、チョット費用と時間が割けません。特に「評論家」になるつもりはありませんので……。

 昔と違って、写真もカラー、広告もキレイ。iMACの27インチ5Kのモニターで、拡大して読める紙面はキレイで、読みやすいです。眼弱の高齢者としては紙面購読はもう無理です。手も汚れません。有難いことです。勿論寝っ転がってスマホやタブレットでも見ていますが……
画像

 このようにルビまでハッキリ読めます。まじめに目を通すと、朝夕刊併せて一時間以上掛かるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る