【海外旅行】1991年スイス山歩きとフランスロマネの旅(3/20)

【スネガ方面と街歩き】

【第4日】9月21日(土)レート:1SF=\93.28

 ツェルマット二日目。6:30起床。8:00朝食。8:50出発。スーパーでバナナ4本1.7SF。登山電車駅の横を東へ歩き、川沿いに少し行くと「地下登山電車駅」がある。

 ウンターロットホルン(Under-Rothorn)往復(半額)30.40SF。200mほど地下道を歩き、9:15発の地下ケーブルカーに乗る。約5分でスネガ(Sunnega)に着く。
画像

 チョット写真を撮り、今度は4人掛けの扉付リフトに乗る。ブロイヘルト(Brauherd)まで約3分。ここからはロープウェイ(ゴンドラ・20~30人位乗れる座席無し)、ワイン・ビールなど荷物も一緒に乗っていく。これも3分くらいで10:00まえに終点到着。標高3103m。

 レストランなどがあるやや平らなところ。ロットホルンが山の名前で、ココが下(Under)で頂上がオーベル(Over)ロットホルンと呼ばれている。大パノラマ。写真を撮って貰ったり、撮ってあげたり……。

 10:25発でくだる。中継点ブロイヘルトでトイレ。ゴンドラを撮る為、チョット外に出る。スネガに11:00頃着。
画像

 ここから、又「下り路ハイキング」約1時間30分の行程。

 駅前のレストランから、合唱の歌声が聞こえる。池が見える方に向かっておりていく。池を過ぎエッゲン(Eggen)の村の入り口のレストラン「パラディス(Paradis)で昼食にする。11:40。
画像

 ワイン(グラス)2.5、ミネラルウォーター3.5、料理玉子パイ14.0、同鍋物14.0。合計34.0SF。絵ハガキ0.8込みで5.0SFのチップ。マッターホルンと谷間の村が見えるテラスでの食事は素晴らしいものでした。

 12:30スタート、エッゲンの村の家を撮ったり、羊を眺めたりしながら下の村フィンデレン(Findelen)を過ぎると、単調な下り坂。足がガクガク。日差しが強いが陰がなく、30分でやっと木影の路に入る、又ジグザグ路になる。

 昨日乗った「登山電車」のガードと、フィンデルバッハ(Finderbach)の滝が見えるベンチでバナナを食べる。昨日グリンデルワルトで出会った大商大の先生にぱったり出会う。一緒にバナナを食べ、30分ほど休憩して、連れだって下って行く。

 ツェルマットの街に入り、教会の所で先生と別れる。教会前に人だかり。結婚式のようだ。子供達の「鼓笛隊」が練習している。チョット待つうち、15:30頃、中から新郎新婦が出てきた。友人達の造るデッキブラシのゲートを潜って……(当時何のことやらと思っていましたが、その後「カーリング」という競技を知り、あのブラシではなかったかと後で想像しています。)
画像

 馬車に乗り込み(披露宴会場まで行くようです)出発するまで見届けて、ホテルに戻る。16:00。
画像

 サウナを18:00に予約して(これからヒートアップする)部屋で休息。時間に行ってみたがまだ60℃。30分待ってやっと75℃。

 注)この頃「スイミングクラブ」に通い、「サウナ」常習でした。

 19:30部屋で夕食。米飯+「すし太郎」、カップヌードル、昆布豆。部屋のバスルームで入浴。就寝22:30頃。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る