テーマ:海外旅行

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(5/5)

[第6日]8月7日(水):ヨービル→トーキー→ロンドン[日出:5:34 日没:20:37]  今回のホテル選定は、見所を決める前に適当に選んだので、この Yeovil はロンドンに近すぎて、今日はちょっと逆戻りコースになった。  推理作家アガサクリスティは数ヶ月前の「イラク旅行」でも「メソポタミアの殺人」という作品があったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(4/5)

[第5日]8月6日(火):パドストウ→ティンタジェル城→ダートムーア→ヨービル  8時朝食、9時出発の予定が、時ならぬ雷雨で9時半パドストウのホテルを出発。港周辺をドライブして、北20キロほどの所にある「ティンタジェル城」に向かう。  ここは、復活が信じられている伝説「アーサー王」の城と称しているところで2キロほど手前の町の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(3/5)

[第4日]8月5日(月):ダンスター→ランズエンド→ミナック・シアター→(忘れ物を取りに)ダンスター→パドストウ  今日は半島の先端ランズエンド迄走らなきゃならないので、朝食8時からなんてのんびりしておれない。ルームサービスを頼んで6時朝食。7時チェックアウト。ここは感じの良いホテルの割にキャンペーンで安い。朝食2人分込みで 66…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(2/5)

[第3日]8月4日(日):ロンドン→エクセター(パウダーハム・キャッスル)→ダンスター[日出:5:43 日没:20:57]  7時起床、朝食。8:35ホテル出発。レンタカー事務所が日曜日で9時オープンなのです。地下鉄 Green Park から、Bond Street で下車。  定刻に行ったら、既にオープンされ、先客が数人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(1/5)

 1996年8月、ほあぐらさん夫婦と「スペインカタルニア・ロマネスク探訪旅行」を計画したとき、隠居中の我々は、時間が余っているので、夫婦だけ先にチョット「イギリス」を覗いていこうと「レンタカードライブ南西部二人旅」をしたときの記録です。 [第1日]8月2日:自宅→成田→ロンドン[日出:5:27 日没:20:46]  飛行機は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(11/11)

◎「チュニス」市内と「バルドー博物館」 第7日 1998年2月17日(火)  短かった旅も今日が最後日。午後はパリへ向かう。  朝はゆっくりで、9時出発。チュニスのメインストリート「ブルギバ通り」のメディナ寄りのところでバスを降り、1時間の自由行動。  フランス門というところから「メディナ(旧市街)」に入り最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(10/11)

◎「スースのモスク」と美しい町「シディ・ブ・サイド」 第6日 1998年2月16日(月)……1/2  「スース」は「地中海リゾート」。私達の泊ったホテル「ディア・エル・アンダルース(Diar El Andalous)」★★★★★も、庭からビーチに出られる。大きなパラソルがたくさん立っていて、滞在できればいいなあと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(9/11)

◎穴倉住宅 第5日 1998年2月15日(日)  マトマタのホテルを7時30分出発。10分ほどで「穴倉住宅」の部落に到着。  「スターウォーズ・パート1」で、「ルーク・スカイウォーカー」の故郷の星「地球」、でこぼこしたむき出しの岩盤に、ボコボコ穴があいている荒涼とした風景……。  このロケ地となったのが、「マト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(8/11)

◎ラクダ体験 第4日 1998年2月14日(土)のつづき  11時40分、ドゥーズ(Douz)のホテル着。トイレ休憩。500mほど先の、ラクダのたまり場までバスで行く。  このあたりのラクダは「ひとこぶラクダ」である。一般にラクダといえば英語で「キャメル」フランス語で「シャモー(Chameau)」といわれるが、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(7/11)

◎オアシスと砂漠動物園 第4日 1998年2月14日(土)  トーズルの朝も6時モーニングコール。朝日に映える「ホテル」はアラブ・イスラム風の外観で、美しい。バスで出発7時30分。ちょっと行った所で、簡単な幌が付いた馬車に分乗。  添乗員はバス組の方に残り、こちらは「現地ガイド」の引率。したがって説明は「英語」……と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(6/11)

◎スベイトラの観光  ケルアンを後に、バスは南西に進む。早起きだから「モスク2つ/絨毯屋/市内散策」をしても、まだ11時半。  これから、ローマとビザンチンの遺跡のあるスベイトラ(Sbeitla)まで120キロをひとっ走り。……といっても、車は良いのだが、道路はセンターラインが有ったり無かったりの片側1車線。勿論舗装だがどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(5/11)

◎ケルアンの観光 第3日 1998年2月13日(金)...1/3  睡眠薬のお蔭もあって、ぐっすり眠って6時起床。モーニングコールは6時半だが、持参の目覚まし時計で常に30分前に起きることにしている。  高齢者になると、すべての動作が鈍く遅くなり、ウオームアップにも時間が掛るようだ。(^_^)  朝食は、この旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(4/11)

◎すぐ南に向かう 第2日 1998年2月12日(木)のつづき  チュニス空港では、まず通貨両替。さていくら替えればイイのか?3食付きだし、自由行動もそれほどないようだ。オプションも無さそう。物価は10分の1くらいで、土産ものも安いとか。  出国時の再両替は両替証明の3分の1までだから、沢山余ると大変。チュニス空港の免…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(3/11)

◎チュニジアって何処? 第2日 1998年2月12日(木)  定刻どおりパリ・ドゴール空港着。オルリー空港への連絡バスは始発が6時だが、第2便の6時20分発まで、トランジットにある「エスパース(ビジネスクラス)」用の待合室を借りての時間待ち。  ほんとの「エスパース」客が文句をいうのではないかと思うほど、他の日本人団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(2/11)

◎エールフランスの夜行便で出発 第1日 1998年2月11日(水)  さて、午後3時半に車で家を出たが、祝日ということもあって、首都高速も渋滞なく、東関道に入って、酒々井PAでコーヒーを買って眠気ざまし。成田のいつもの「Jパーキング」に6時前に到着。  ここのパーキングは、テントのガレージで預かってくれて、洗車もしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年チュニジア8日間(1/11)

◎序章:なぜ今「チュニジア旅行」?  以前からフアンである塩野七生さんが、1992年から2006年まで毎年1冊づつ書き下ろしというかたちで「ローマ人の物語」というのを出し始められ、とても最後までお付合い出来るかどうかと危ぶみながら、毎年秋の出版を心待ちにしている。  その第2巻が「ハンニバル戦記」と題して、ローマとカルタゴの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(15/15)

■第14日:4月16日(水)機中→アムステルダム(キューケンホッフ公園)→成田→自宅  KLMは、「アムステルダム・スキポール空港」に、丁度夜明けの6時30分到着。迎えのホテルバスで、少し「アムス」寄りの「メルキュール・ホテル」に7時30分チェックイン。  成田行きは15時15分発なので、それまで時間待ち。結局部屋に残られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(14/15)

■第13日:4月15日(火)ワディ・ムーサ→ワディ・ラム→アカバ→アンマン  「ヨルダン」も今夜でお別れだ。  「ペトラ」近郊の「ワディ・ムーサ」のホテルを8時出発。南へ。すぐの右手の山の上の白いものは、「モーゼ」の兄「アロン」の墓。  今日も、ときどき「砂嵐」が来て視界50m位になってしまう。4、5、6月がシーズンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(13/15)

■第12日:4月14日(月)アンマン→ペトラ→ワディ・ムーサ  朝7時40分出発、南へ約230キロの「ペトラ」に向かう。メインの道路は「デザート(砂漠)ハイウエイ」(高速道路)。その西側、平行して死海に近い方を走る旧道が「キングス(王様)ハイウエイ」(普通の道)である。  最初はずっと「デザート……」の方を走る。  ヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(12/15)

■第10日:4月13日(日)ヨルダン・アンマン滞在(市内観光→死海→ネポ山)のつづき  バスはアンマンからほぼ西へ、峠からは「イスラエル」が、もうそこにみられる。「聖書の世界」であるとともに、深刻な「パレスチナ問題」で何時火を吹くか判らない、この地域は「不気味」である。  「死海」はご存じの通りマイナス海抜。ゼロメートル標識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(11/15)

■第10日:4月12日(土)シリア・ダマスカス→ボスラ→ヨルダン・ジェラッシュ→アンマン のつづき  シリヤからヨルダンへの出入国は1時間足らずで通過。16時30分。ガイドさんとは此処でお別れ、バスはアンマンのホテル迄、我々を送って引きかえすそうだ。   さて、また「お金」が変る。こんどは「ヨルダン・ディナール」だ。1米ドル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(10/15)

■第10日:4月12日(土)シリア・ダマスカス→ボスラ→ヨルダン・ジェラッシュ→アンマン  あっという間に、シリア最終日だ。「ダマスカスのホテル」8時30分出発。途中現地旅行社の事務所に立寄り「旅行社からのお土産」を貰う。ズックの「旅行かばん」だ。「なんだ、荷物になるのに……」とぼやいていたが、 最終日にこの「バッグ」に「割れモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(9/15)

■第9日:4月11日(金) 朝6時50分、「シェラトンホテル・ダマスカス」のロビーに集合して、外に出るともう「タクシー」が待っていて、私の持っていた「ヨルダン・シリア聖書の旅」という本の「コーカブの教会が写っている写真」を見せると、「うん、判った判った」という身振り。ともあれ、早速乗り込み出発。  地図では南西に15キロ位な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(8/15)

■第8日:4月10日(木)パルミラ→ダマスカス 15日間の日程なので、これで半分の7日間を終えた……  「日出日没時刻計算ソフト」を皆さんに配ったおかげで、幸か不幸か、「パルミラ遺跡」の朝日を見に行こうと、お誘いを受ける。  日出は正6時。5時半にホテル玄関ホール待合わせ。3人の女性と私達夫婦の5人。もう明るくなってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(7/15)

■第7日:4月9日(水) アレッポ→パルミラ  アレッポの見所は市の中央にそびえる「城塞」。周囲2.5キロを深い空堀で囲まれ、45度の斜面を持つ丘の上に城壁をめぐらした立派なものである。  紀元前10世紀に始まるといわれるが、現在残る城は12世紀から16世紀にかけて造られたもの。十字軍、モンゴル、チムールの侵略にも耐えた城で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(6/15)

■第5日:4月7日(月)ベイルート→記念碑→レバノン杉→ラタキア(シリア)のつづき  「レバノン」から「シリア」へ、国境を越えたのは、17時40分。  雨も上がって夕焼けが美しい。丁度19時、左手の地中海に真っ赤な太陽が沈む。(コンピュータの計算通り)  19時30分「シーワール(Al-Siwar)(何故か腕輪という意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(5/15)

■第5日:4月7日(月)ベイルート→記念碑→レバノン杉→シリア  昨日・今日とバスでベイルート旧市内を通りましたが、戦火が静まって7年経つというのに、海岸・港近くの、ホテル、ビジネスビル(8階建10階建などの高層建築群)はガラスは全部砕け散り、内部はがらんどう、外壁は模様を付けたような弾痕……ブルドーザは沢山動いているが、まだ全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(4/15)

■第4日:4月6日(日)ベイルート滞在(バールベック、アンジャル遺跡観光)  ベイルートから東そして北へ約80キロ、レバノン山脈を越えてベカー高原にあるレバノン最大の遺跡「バールベック」を訪れる。  最初の予定ではここで宿泊ことになっていたが、変更して「ベイルート」からの日帰り観光となる。  峠といってもそれほどの高さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(3/15)

■第3日:4月5日(土)ベイルート滞在(ティルス、シドン遺跡観光)  バスの中で「現地ガイド」から聞いたレバノンの生活情報。  150平方メートルのアパートが8万ドル、約1千万円で買える。日本のアパート・マンションに比べると広い。  月収は大卒初任給$300。一人前、高級取りということで$1,000。所得水準はまだ低い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1997年レバノン・シリヤ・ヨルダン旅(2/15)

■第2日:4月4日(金)ベイルート滞在(ジェイタ鍾乳洞、ビブロス遺跡観光)  朝食はビュッフェスタイルで、アラブ的な料理もあるようだったが、無難にヨーロッパ式、スクランブルエッグ、ベーコン、マッシュルーム、ヨーグルト、オレンジジュース、パン、紅茶というので済ませる。  早速ホテル売店で「レバノンの地図」を買う、$8.4。$1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る