テーマ:キッチン

【男の台所】「お茶事情」の変貌

 わが家は、出来るだけ「ペットボトル茶」でなく「急須(土瓶)に茶葉をいれ、湯を注いだもの」を食卓に置いて、ときどきコップに注いで飲んでいます。茶葉は直接でなく、茶漉しボウルというのに入れていました。  したがって使用するのは上等の、玉露や、煎茶でなく、いわゆる「番茶」や「玄米茶」です。東京ではずっと「京都の一保堂」の茶葉を「紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】和食器「京のたち吉」

  「たち吉」の事は、このブログで何度も取り上げました。  最初の御縁は昭和31年開業の「たち吉銀座店」です。今は閉店して、ないのですが、表通り「松坂屋」があった銀座6丁目あたりの本通りから西へ一筋か二筋入った所にありました。並木通りだったでしょうか?  私共は、大阪から東京へ出て来て、目黒の西小山の借家から、自由ヶ丘の「店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】季節もの・旬の物を食べよう

【旅行記連載中ですが、チョット割り込みです】  朝と昼の食材は年中似たようなモノ。夕食も「海鮮ちらし寿司」「助六寿司」「にぎり寿司」「牛丼の具」「揚げ物/フライ」「野菜煮物」「焼き魚」「じゃがいも野菜サラダ」それに今は「アマノフーズの味噌汁」がついて回っている。  妻が「硬い物」が食べられないので「みりん干し」「丸干し」「漬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】春の気配(梅の小枝)

 一月の末に通販で届いた「梅干し」に添えて、包装紙にくるまって10センチから15センチ位の梅の小枝が5本ばかり入っていました。まだつぼみは堅い状態ですが併せて20個近くついています。  つぼみの梅を鑑賞しろということかな……説明書きはありません。  どうしたらいいかな?取り敢えず「グラスタンブラー」に水を張り、そこへ投入して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】食器へのこだわり・再び

 以前毎日使う「食器」へのこだわりに着いて書いたことがあります。 https://romaneko.at.webry.info/201709/article_5.html 最近の変動です。 ●カラトリー:  大小のスプーン・フォーク(カラトリーというらしい)は「クリストフル・マルメゾンモデル」6客揃いを、ケースごと東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】最近の朝昼晩の献立

 三食のうち、朝の「定食」は変わりありません。画像だけ再掲します。  詳しくは【男の台所】我が家の朝飯レシピhttps://romaneko.at.webry.info/201702/article_10.html  昼は、妻は「マクドのビッグマック1/4+フライドポテト」なのです。 以前1/2と書きましたが、半年前ぐらいか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【男の台所】電磁調理器交換

 10月に、キッチンの流しの脇にビルトインされていた「電磁調理器」(パナソニックのクッキングヒーターCH-11B)が突然壊れました。スイッチを入れても、表示の一部が点滅するだけです。取説を見ると、これは明らかに「故障」のシグナルです。これは5年前、私たちがここへ越してくる為に、二階のユーティリティ(洗面所と洗濯機)をキッチンに改造したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】レトルト食品とフリーズドライ

 先日、お礼の品に「にしきやのレトルト食品」というのを頂きました。ネットで調べると、カレーや印度料理が得意のお店のようですが、その他のスープ系もあって、そこそこおいしく頂きました。  カレーは好きですが、妻は「神経痛」の関係から、最近「辛いもの」が駄目になってきましたので、自ずから私としては「外食」の時頂くか、家でも「一人前」とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】炊き込みご飯

 きっかけは、小豆島の「オリーブ・井上誠耕園」の通販で買った「炊き込みご飯の素・鱧めし」¥1,620でした。 勿論以前にはいろいろ「炊き込みご飯」を作っていましたが。ここ藤井寺に来て、ちょっと「忘れた」感じでした。  チョット高いようですが他の物と一緒に、昨年夏、買ってみました。二合用ということで、レシピどおり炊飯器で作ってみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】アップル入りホットケーキ

 秋深くなると、Aさんから「長野のおいしいリンゴ」が毎年届きます。以前は毎朝、上司に教わった健康ジュース「林檎、セロリ、人參、レモン」のジュースを飲んでいましたので、確実に消化できたのですが。(本当はジュースにするのがもったいない立派なおいしい林檎なんですが……)、ここ藤井寺に来るとき、キッチンも狭くなるので「ジューサー」を捨ててきてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】味噌汁が簡単……

 朝はパン食、昼も麺類かマクドナルド。結局米飯は夕食のみ、したがって夕食には、味噌汁など汁物が欲しいです。  以前にこう書きました。……「味噌、お味噌汁が好きで、色々使いました「マルコメ 液みそ 料亭の味 430g」とか……。今は「ハナマルキ おいしい減塩だし入りみそ300g」チューブ。なにしろ置き場がないので苦労しています。」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】ガラス食器へのこだわり

 「赤いワイングラス」ご存知でしょうか。映画「旅情」でキャサリン・ヘプバーンが訪れる「ベネチアングラスの店」での「出逢い」に出てくる「グラス」です。  私たち夫婦はそれに憧れて、1974年12月、ベネチアで買って来たのが、挿絵の右側のグラス。つい先だってこのブログで書いた【海外旅行】1974~5年ロマンチック街道旅行記(2/6) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】食器へのこだわり

 だんだん足元が不自由になり、行楽や、お出かけグルメも出来なくなりました。それでも日々三食はきっちり戴いていますので、ちょっと食器などにはこだわってみたい感じがしています。本当はプラスチックにすれば、軽いし割れないのですが……。  食器は結婚してからは、ずっと妻任せでした。30歳台始めに一軒家を建て、家計にも余裕が出来たので、来客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】「大学芋」に挑戦

 サツマイモは「家庭天ぷら」の種として、ときどき買いますが。3本一袋になっていると、剰ってしまうことがしばしば。この間、月一回の「かかり付け医」通院の帰りのとき、立ち寄ったスーパーで「ぱぱっと逸品・大学いものたれ」(ダイショー)というのを見つけて、衝動買いしてしまいました。¥108。  いつものスーパーでも「大学芋」出来上がったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】吉野家の「冷凍牛丼」を「肉じゃが」に

 妻は総入れ歯を「痛い」といって外してしまい、硬いものや麺類が食べられなくなり、魚もお刺身や一部の切り身を除いては、骨が気になって嫌います。結局肉類なら良いのですが、子供の時から「鶏肉」はあのプチプチの皮のせいか「キライ」。豚も食べますが牛が好きです。  しゃぶ用の肉で、「冷しゃぶ」にしたり、焼肉にしたり、すき焼きにしたりと工夫し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチン最近の改善

 なにしろ狭いキッチンなので、食器にしろ、食料品にしろ、置き場がなくって苦労しています。  冷蔵庫の整頓をしてみました。冷蔵庫は「シャープ冷凍冷蔵庫SJ-14X」、幅480mm×奥行590mm×高さ1125mm、全定格内容積137L 内 冷凍46L 冷蔵91Lという単身者用?の小さいものです。  冷蔵庫に入れるものは、従来か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチンの常備食料品

 前回に続いて、こんどは常備してある「食料品」をしらべてみました。 ●パン。「ヤマザキ レーズンブレッド」(食パンに干しぶどうの入ったもの6枚切り)、「同 バターロール」。 ●小麦粉(メリケン粉)。普通は「日清 クッキングフラワー 薄力粉 150g」ですが、今は「日清 コツのいらない天ぷら粉揚げ上手 チャック付 450g」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチンの常備調味料

 キッチンにほぼ常備してある「調味料」をしらべてみました。 ●砂糖は、普通の「スプーン印上白糖」を小分け容器(小麦粉入れとセットです)に入れてあります。 ●塩は、あまり多量に使わないので時により色んなのを、今は「伯方の塩・焼き塩」というのを買って「食卓塩」の瓶に詰め替えて、キッチンと食卓においています。 ●醤油は、すぐ酸化して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【男の台所】我が家の朝飯レシピ

 我が家の朝食は、その昔(昭和時代)は、「ご飯、味噌汁、焼鮭、玉子焼き、漬物、焼き海苔」と、ホテルや旅館の「朝定食」と同じような献立が続いていました。平成に入っても「塩鮭」が「鰺の干物」か「小鰺のみりん干し」に変わったぐらいでした。昭和50年代に「新鮮野菜ジュース」が加わりましたが、ずっと和食でした。  ところが、大阪藤井寺に越し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】食器の今昔

 これは戦前うんぬんでなくて、小金井・小平時代までのモノの思い出です。収納も余裕があり、又自宅にお客を呼ぶことも結構ありましたので、洋食器は6客セットで、イタリアへ行くたびに少しづつ買いそろえた「リチャードジノリのベッキオホワイト」というシンプルな無地物でした。  ナイフ/フォークはフランスパリの「クリストフルのマルメゾンシリーズ」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチン備品の今昔

 おおざっぱに、戦前戦後という感じで眺めて見ましょう ●料理ばさみ:これは戦後のもののようですね。和風料理に使われるのはみたことがありません。ドイツの「ヘンケルス」(双子マークで有名)が1938年「料理ばさみ」で特許を取ったとあります。ステンレスの発明と関係あるようです。我が家では1972年ドイツロマンチック街道の旅の帰りに「フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチンの備品

 あらためて「キッチン」の備品類を並べて見ましょう。 ●既述のもの:冷凍冷蔵庫、電子レンジ、両面焼きグリル、電磁調理器、電気ケトル、電気炊飯器、浄水器、まな板、包丁、包丁シャープナー、キッチンスケール(デジタルはかり)。 ●調理用品:チタンゴールデンカッター(おろし金、スライス、ささがき荒、細)、ピーラー、すり鉢、すりこぎ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】キッチン事情

 勿論、現役時代は、妻がすべて取り仕切っていてくれましたが、定年後数年して、退屈なので、炊事はボクが担当、掃除洗濯は妻に任せる……というのを始めました。  よく「男の料理」などと言って「得意料理」を披露される方は多いですが、「料理」でなく「炊事」です。台所の整備から、材料買い付けから、炊飯、料理、後片付け……まで一切を担当する訳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る