テーマ:スケッチ

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(9)

 教室に「白磁」の大ぶりの「花瓶」があったので、ほとんど「鉛筆デッサン」風に仕上げてみました。  「お教室」の時間は二時間ですが、チョット時間が余ったので、今度は「ダーマート」でささっと描き上げました。  藤井寺南口商店街の「八百屋さん」をスケッチしてハガキ大のコピー絵を額装して差し上げたら、御礼に「枝つきのトマト」を頂いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(8)

 何の木の葉か判りませんが、結構肉厚のある葉っぱと小さなバケツをひっくり返して、構成しました。何時も苦労するバック。今回は平筆で「芝生様」に描いて見ました。点描風にしたのが良かったようです。  「教室」にあったものですが「麦穂」でしょうか?それと「チガヤ」のような穂のあるモノ。一輪挿しに挿して見たのですが、チョット淋しいので、「サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(7)

 昨年11月にアップして以来の「教室」で描き溜めたモノを、反省と共に掲載します。 「教室」にも「対象物」がいろいろ用意されていますが、今回は家から「文房具」を持って来て並べました。 筆立てのような「円筒モノ」に描写は難しい。すこし歪んで見えます。またひだりのカッターとハサミの重なりの陰影がうまくなく、ナントなしに不自然です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】野外スケッチ用イーゼル

 月2回、道明寺天満宮などで、ご近所の仲間数人と、野外スケッチ(水彩)を楽しんでいます。  ところが、だんだん年をとって、動きが不自由になってきましたので、三脚の上に板があるようなイーゼルがあったらいいなと思い、ネットでいろいろ探しました。  最初に選んだのが「ターレンス 水平メタルイーゼル 3段ブラック」¥6,530(アマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮スケッチ(4)

 道明寺天満宮。山門を入ってすぐ左手は、神職の方の住まいでしょうか?桜が紅葉して「さくらもみじ」といいます。キレイです。  ここから、ズッと奥を見渡すと、右手は参道で鳥居に向かいます。左手は「天寿殿」という社務所及び結婚式場。  その「天寿殿」を奥から眺めたところ。  そして、参道から植え込み越しに「天寿殿」の方を………
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮スケッチ(3)

 「道明寺天満宮」は境内も広く、駐車場も広く、裏に「梅園」もあり、駅からも徒歩5分程度の距離なので、4年になりますが、四季それぞれ趣が変わりますので、「スケッチ会」の「定例場所」になっています。池などの水場がないのが残念です。  以前、桜の頃の鳥居前を描きましたが、これは1月半ばの様子です。屋台が出ています。  鳥居をくぐっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮の白太夫社と土師社

 いつも「スケッチ」の会場になっている「道明寺天満宮」。ここの神社の境内にある小さな摂社(せっしゃ)に「白太夫社」というのがあります。  「道明寺天満宮」のホームページの説明では「菅原道真公が大宰府へ下向のとき、菅公のお伴をされた白太夫命をお祀りしています。白太夫は、一説には渡会春彦とも味酒安行とも言われています。」と書かれてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】スケッチ会作品(2)葛井寺と商店街

 「葛井寺」と書いて「ふじいでら」と読みます。近鉄藤井寺駅南口から、すこし東によって、商店街を南に抜けたところに「西門」があります。「正門」は南にあります。  西国三十三ヶ所霊場の第五番札所。毎月十八日が縁日で、御本尊ご開帳。屋台店も出て賑わいますが、スケッチには不都合なのでその日は避けています。  日差しが強かったので、西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】藤井寺へ来てから描いた「花」の絵

 東京での「網干教室」時代は、1989年から2013年夏、藤井寺への転居の為退会するまで、最低月2回は「立川教室」で「花」を描いていました。  藤井寺ではチャンスが無く過ごしていましたが、思いついて「ヤフオク」で「花瓶」送料込み¥1,000、近くのスーパーで「花」¥568+TAXを手にいれ、描いてみたのがこれです。  201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(6)

 徳利とぐい飲み。今回は転がしてみました。丸いもののの口や底の楕円は、とても難しいです。徳利の首の部分の陰が黒すぎるとの先生の指摘で,少し水筆で薄くしました。このような細工は、ここの教室で教わりました。私はスケッチ淡彩でダーマートで陰の部分を強く黒くして画面にメリハリをつけるように教わったので、ついつい陰の部分が濃くなりがちです。陰にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(5)

 これは、なんとも、失敗です。先ずガラスのグラスが難しい。それに色がごちゃごちゃ交じって。洋梨も引き立たない。難しいです。まず色配合の設定が不味かった。グラスに色が付いているので、バックは補色系にすべきだった。グリーン系にすれば何とか纏まったかな?  時間が余ったので30分で向かいの人が描いている「あじさい」をダーマで描いてみる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(4)

 2018年(平成30年)に入って、小泉先生とも4年近くのお付き合いです。この「お教室」は3~4人の小教室。それも水彩画だけでなく、色鉛筆の人、パステルの人なども交じっていて、それぞれ先生から個人指導を受ける形です。  ドンゴロスの袋からはみ出しているざくろ。粗い布目の表現をどうしようか?迷う所、でもその変化を通して、袋の凹凸の表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】2018年悠遊会三崎港合宿(2/2)

【第1日】  翌朝、予定の「ガスト」での「モーニングセット」。予定より早めの電車で「三崎口」に向かう。10:00集合30分前でしたが、すでに数人の仲間がきていて、握手。  団体になれば気楽、導かれるままにバスに乗り、目的地「三﨑港」終点で下車。すでにグーグルの「ストリートビュー」で見慣れた風景、交番も目の前……。宿は数百メー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】2018年悠遊会三崎港合宿(1/2)

 先日、悠遊会展の打上会に上京したばかりですが、今度は三浦半島です。  10月22日23日、恒例の合宿会ですが、今年は三浦半島先端の三﨑港、すぐ前に「城ヶ島」があります。現地の京浜急行「三崎口駅」に午前10時集合。チョット大阪藤井寺からその時刻には無理。  宿泊先が「サンポートみさき」(三崎船員保険保養所)ということなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(3)

 だんだんタッチが細かくなっていくので、先生からも常に「アッサリ描きましょうね、ざくっと」と注意されます。  このところ若干不調です。  落ち着いた色目です。次のも時間が余って30分で描いたものです。こんな方が柔らかみがあってイイようにも思えるのですが……  透明ガラス器は難しいです。この絵は「敷物の位置」「色彩調和」に失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(2)

もちろんこの頭蓋骨は紙粘土か何かで作られたものです。     対象が何であれ、凹凸陰影の表現もさることながら、硬い軟らかいの表現はなかなか難しい。 壁に掛けたものを描いてみました。  影の描写で奥行き感を表しています。時間が余ったので、このドライフラワーを瓶に投げ入れて描いてみましたが、不出来でした。  たまた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】小泉教室再開「水彩静物画」(1)

 近鉄藤井寺駅近くの「シテンノウジカルチャクラブ」が2017年(平成29年)3月末で閉講になりました。2014年(平成26年)から続けていた、「水彩画」「一筆画」の教室を失いました。  道明寺での自主スケッチ会(同行者5~7名)は続いていますが、教室もイイものです、やはり先生から色んなヒントや指摘を受けることが、一歩でも向上に繋が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮スケッチ(2)

 もう4年にもなりますので、殆どの所を描いています。  南の入口階段下から「神門」を見上げたところ。  石段を上がって、その神門の軒下から「注連柱」を望む。左の建物は「天寿殿」。社務所や結婚式場だそうです。塀際の木はみな桜です。夏の青葉しげる頃と、秋の「桜紅葉」の二枚です。小雨の時はこのように神門などの軒下からのスケッチにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】道明寺天満宮スケッチ(1)

 2014年から始めた「スケッチ会」は藤井寺市の「道明寺天満宮」を本拠地にしています。  道明寺と道明寺天満宮は並んでいます。 ●道明寺天満宮は、土師氏の氏神として成立し、のちに土師氏の子孫でつながりの深い菅原道真を祭神に加え天満宮となりました。学問の神様として信仰を集めています。  宝物館には、菅原道真公の愛用の品と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】水彩画の画材について(用紙その他)

 「網干啓四郎先生のスケッチ淡彩教室」では、先生の指定の「スケッチブック(画帳)」を使っていました。退会した後も、先生に申し込んで送って頂いています。  大きさは6号ですが、風景主体ですからP6(273×410mm)サイズです。30枚で一冊、全部で厚みが5mmほどで、やや薄手の紙です。でも私はこれ一本で25年描いてきました。馴染ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】水彩画の画材について(筆)

 絵の具以外では先ず筆です。「網干教室」へ入ったときは何を使っていたのでしょう。間もなく先生から推奨の筆、それはなんと一本2万円もするのです太さは12号、精密画でなく風景スケッチが主体ですから一本だけしか使いません。  「コリンスキー」と呼ばれる筆で、当時はよく判らなかったのですが、今ネットで調べると、中国かロシアの寒いところにい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】水彩画の画材について(絵の具)

 「ポスターカラー」や「顔彩」のことを書いていて、「水彩画」の画材については書いたことがなかったので、チョット振り返って調べて見ました。  25年前「網干教室」に入った頃のことを思い出しますと、絵の具は最初のうちは国産「ホルベイン」でした。その後1996年(平成8年)に網干先生専用配列の「シュミンケ・ホラダム・ハーフパン24色セッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】シテンノウジカルチャ水彩画の作品(2/2)

 2014年5月から2015年9月まで、1年半、月2回のペースで、この「小泉教室」に通いました。  小出楢重画伯の油絵の「静物」を模写するというのもありました。上が原画の写真プリント、下が私の模写作品。  私の家から持って来た工具です。  こんなものも、影や影を付けることで、立体感を得て「絵」になるのです。  課題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】シテンノウジカルチャ水彩画の作品(1/2)

 「静物画」もやってみると楽しいものです。一時間半の集中で、一枚仕上げます。  段ボール箱をカットして重ねたもの。  一つの面でも、微妙に陰影があるのです。見落としがちな、細かい陰影について、先生から指摘があり、表現が出来ると、嬉しいです。手前の面は右の方が少し明るくなっているのです。  10人ほどの生徒ですが、先生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】藤井寺で水彩画教室に通う

 2013年に藤井寺に越してきて、2014年3月から「藤井寺スケッチ会」を始めました。しかしこれは仲間で一緒に描くと言うことで、先生がいるわけではありません。  東京で「朝日カルチャーセンター立川」の「網干教室」で習っていたように、大阪へ来ても、何処かの教室に入りたいと思って、インターネットなどで探してみたのですが、最初は梅田とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】2014年・藤井寺近辺での単独スケッチ

 妻の退院は、四月二二日。その三ヶ月間に結構、あちらこちらスケッチしました。  私が、お世話になっている,散髪屋さんの前の通りです。上に架かっているのは「西名阪自動車道」です。学校帰りのランドセルの子がかわいいです。  注)神光寺は、八尾市服部川の東方山腹にあり、医王山薬師院神光寺と称し、曹洞宗蔭涼寺末である。享保年間(18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】藤井寺スケッチ会の発端物語(後編)

 メールの控があります。 -------------------------------- 🎨おはようございます今朝の朝日新聞の折り込みを見せて頂きました 藤井寺市春日丘の××と申します サークルの一員に加えて下さいますと有難く存じます 月曜日希望てす 会場をお聞きしたいです お忙しくない時にEメールお願い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】藤井寺スケッチ会の発端物語(前編)

 藤井寺転居のから四ヶ月。年が開けて一月十四日のことでした。  妻が部屋で転んで「大腿骨骨折」。救急車で近くの羽曳野にある「城山病院」に入院。手術。私は特に仕事もないので、車で、毎日病院へ二~三時間、話し相手に通う羽目になりました。  そこで思いついたのが、帰りに何処か適当なところで「スケッチ」をしてみようと思い立ちました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【スケッチ淡彩】2013年・藤井寺近辺での単独スケッチ

 東京から藤井寺の姪の家に越してきたのが今から四年前の二〇一三年九月のことでした。大阪で水彩教室とか同好会を探していましたが、仲々適当なのが見つからないまま少し描きました。  先ず「家の前の通り」です。チョット「ペン書き」を試してみました。  秋祭りで、通りへ出ると「子供だんじり」や「ふとん太鼓」。人混みはあまり描いたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る