【海外旅行】1998年ポルトガルスケッチ旅行(3/13)

【第2日】1998年4月15日(水)リスボン滞在 100エスクード=¥75

 7:00モーニングコール(MC)。7:30朝食。「玉子・ハム・果物……」8:30ミネラルウォーター2本:350エスクード。9:00出発。今日一日、市内・近郊をバスで観光。

●「アルファマ(旧市街)」でバスから降りで散策。10:00 。16世紀に造られた建物、車の通れない階段道路、リスボンで一番古い地区である。1755年のリスボン大地震の折、幸か不幸か破壊を免れたので、都市改造計画から外され、今のように貧しい人達が住むようになったそうだ。
アルファマ.jpg

●「ジェロニモ修道院」世界遺産。16世紀に、マヌエル1世がエンリケ航海王子の偉業を称え、またヴァスコ・ダ・ガマの世界一周を記念して建てた。マヌエル様式を代表するこの壮麗な建物は、海外からもたらされた富によって建てられた。まさに「大航海時代」の栄華を反映したモノと云えよう。一番美しいのは中庭。石灰石を用い緻密な彫刻を施した2階建てのアーチは繊細優美。
ジェロニモス修道院.jpg

リスボン市内図.jpg

 テージョ河畔 ●「ベレンの塔」。ジェロニモス修道院と共に世界遺産に登録されている。16世紀にマヌエル1世によってヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたテージョ川の船の出入りを監視する目的の「要塞」である。建築様式はマヌエル様式である。
べレンの塔.jpg

 「発見のモニュメント」。11:00 挿絵は以前描いたものの転用。
エンリケ.jpg

 「バイシャ地区」「サンペドロ・デ・アルカンタラ展望台(公園)」。11:50。
展望台.jpg


 12:30~13:30[「ホテルREXのレストラン」で昼食。ワイン400エスクード。コーヒー250エスクード×2+チップ100エスクード。
シントラ地図.jpg

 13:45「シントラ」世界遺産へ向けて出発。15:00~16:00自由解散。よだれかけ2,990エスクード。人形1000エスクード。
シントラ 2.jpg

 「カスカイス」(リゾートタウン)では快晴。
カスカイス 2.jpg

 17:30ホテル帰着。近くの食料品店で「岩塩(Sal-gema)」を探したが無かった。本屋で「ミシュランガイド」1,230エスクード。18:30ホテルに戻る。

 19:30ホテルで夕食。

"【海外旅行】1998年ポルトガルスケッチ旅行(3/13)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る