【海外旅行】2001年ろまねこツアー・スコットランド(4/15)

【第3日】2001年6月14日(木)グラスミア滞在 日出:日没:21:17 英国ポンド=¥187(5/30現在)  9:00出発。9:30「ホークスヘッド(Hawkshead)」の街、到着。  ここ湖水地方は、「ピーター・ラピッド」を描いた「ビアトリック・ポター(Beatrix Potter)」さんゆかりの地です。この街に、…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2001年ろまねこツアー・スコットランド(3/15)

【第2日】2001年6月13日(水)バーミンガム→グラスミア 日没:21:17 英国ポンド=¥187(5/30現在)  続きです。  プレストベリーから少し引き返して、やはり「ハーフティンバー木造建築」の「リトル・モートン・ホール(Little Morton Hall)」へ。ここは「ナショナル・トラスト(National T…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2001年ろまねこツアー・スコットランド(2/15)

【第1日】2001年6月12日(火)自宅→成田→ロンドン→バーミンガム ロンドン日没:21:17 英国ポンド=¥187(5/30現在)  朝8:50成田空港、第一ターミナル(古い方)の4階、団体用Fカウンター前で集合。全員無事参加。「EVC」の人が来て、海外旅行傷害保険証、などが手渡され、託送手荷物ととも搭乗手続き(チェックイン)…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2001年ろまねこツアー・スコットランド(1/15)

 「EVC」という小さな旅行社に御願いして、私の企画を元にしたスケジュールで「会社側の添乗員なし」での「企画手配旅行」という「海外旅行」を何度か行いました。  今回のものは、私達夫婦を含め、総勢10人の小グループ「ろまねこツアー・イギリス・スコットランド15日間」2001年(平成13年6月12日〜26日)の旅行記です。(真実は「ろ…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】「朝の詩」より……「蟾蜍」

 毎朝「産経デジタル」の第1面の「朝の詩」を筆写していますが、2020/08/18の朝刊は挿絵のモノでした。  ここに「蟾蜍(せんじょ)」という言葉が出て来ました。難しい字です。  「なめくじ」でも「がま」でもなさそうなので、さっそく調べました。(ネットは便利ですね)  「コトバンク」からの孫引きですが…… ー---…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】塗り絵ゲームソフト・Happy Color の続き

 とてもきれいな絵があるので、この塗り絵ソフトにハマっています。  途中で、気がついたのですが、ある色について、残り1ヶか2ヶになると、なかなかさがし出せないのです、同色が一杯ある部分から離れた所に、小さなカケラがあったりすると、見つけるのに一苦労です。ところが「お助けマン」があるのです。作業中に時々左上に「A」のランプ印が点きま…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】漢字の字体の変遷、許容

 先日来「産経デジタル」(新聞)朝刊の「朝の詩」を肉筆筆記していますが、https://romaneko.at.webry.info/202006/article_1.html  漢字の新旧字体の差を、改めて確認勉強していますが、いろいろ発見があります。  「饅頭」の「饅」の字はよく見ると。偏は「飯」とは違うのです。「⻞」と…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】2001年ろまねこツアー・スコットランド(6/15)

【第5日】2001年6月16日(土)エジンバラ→フォース橋→カルロス→セントアンドリュース→グレンロセス 英国ポンド=¥187(5/30現在)  MC7:30。BO&朝食8:15。ホテル出発9:00。フォース湾にかかる19世紀の「赤い鉄道鉄橋」を横に見ながら、我々は「フォース道路橋」を北へ渡りました。  注)フォース橋(Fo…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】塗り絵ゲームソフト・Happy Color

 iPadのようなタブレット向け(スマホでも可能)の塗り絵ソフトです。基本無料。広告を外すのには課金¥960。私は未だ広告付で遊んでいます。 ●絵に書かれた数字と、同じ番号の色を塗っていくぬりえアプリ ●色が決められているので考える必要がない。気軽に塗れるのが嬉しい ●精細なステンドグラスに似て、素晴らしい色彩に富んだ画像が得…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(6/6)

 塗り絵の続きです。  「ジェルブロワ(GERBEROY) バラの村」。ここは知りませんでした。ピカルディ地方ということですが、地図で調べると、パリからほぼ北へ90キロのところにある「小さな村」です。例の「フランスで最も美しい村」に選定されています。村中の家々を飾るバラの美しさは、世界中のファンを魅了しています。  この村の…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(5/6)

 塗り絵の続きです。  「シュノンソー城」。これは「ロワールのお城」の中でも、抜群に美しいので有名ですが、この絵はチョット違います。 一般には「水に浮かぶ城」ということで、挿絵のような角度からの画像が多いです。  地図を調べました。  上の図は、A点から見たモノ。「塗り絵」のお手本は、花一杯の庭園を入れたかったのでし…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(4/6)

 塗り絵も「19枚」位だと、一気に書いてみようというボリュームです。よく訪れた「フランス」が題材なので、いろいろ調べて確認するのが面白い。  次は「アヴィニョン 初夏のサラダ」。真ん中の白いブツブツが見えるには「サラミ」のようなので、濃い紫にしました、その左はハムなので「ピンク」「目玉焼き」ものっていますね。アヴィニョンといえば、…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(3/6)

 塗り絵の続きです。  フランスの各地での取材ですが、景色というよりは、花とか、食品などが「カラフル」ということで、多いです。 「リヨンの赤い橋」。リヨンは、食通の街、サンテクジュベリの生地、とかで何度か訪れていますが、この「赤い歩道橋」は知りませんでした。向こうに見えるのは「サン・ジョルジョ教会」。見たところゴシックのよ…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(2/6)

 塗り絵の続きです。  お手本をよく見ると、ハイライトを塗り残したり、陰影を付けたり、ぼかしたりと、単なる塗りつぶしでないようです。「スケッチ淡彩・網干教室」でも、「白い」塗り残しが重要と教わりました。そんなことを考えながら、数枚描いて見ました。  「パリの小さな店」。何のお店かと思ったら、看板に「MAGASIN DE CO…
コメント:0

続きを読むread more

【塗り絵】おとなのスケッチ塗り絵(1/6)

 宝塚にいる姪がくれたのです。「買って見たけど、やらないからおっちゃんに上げる」って、36色の色鉛筆とともに、我が家に来ました。  「大人の塗り絵」って、簡単なのは、妻が「デイサービス」にいっていた頃、時々持ち帰りました。「頭の体操になるとか?」。ネットで調べると、あるわ、あるわ。けっこう細密なモノが多いです。  このシリー…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(11/11)

【第10日】1998年6月19日(金) ダブリン滞在 日出:04:56 日没:21:57 ¥215/アイルランドポンド。  1日中、市内観光。  7:00起床。7:30MC。7:40朝食。9:00出発。9:20~10:20「聖パトリック大聖堂」。アイルランド最大の聖堂。オルガンの伴奏で聖歌隊の合唱が聞こえていた。「ガリバー旅…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る