【海外旅行】1998年アイルランド旅行(10/11)

【第9日】1998年6月18日(水) ダブリン滞在 日出:04:56 日没:21:57 ¥215/アイルランドポンド。  今日は、市内見学と「グレンダーロッホ修道院」が目玉である。そこで十分な時間を取るため、当初予定に入っていた「日本庭園」と「国営種馬研究所」はパスすすことに衆議一決。  7:30MC7:30。8:00朝食。…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(9/11)

【第8日】1998年6月17日(水) ベルファスト→ダブリン 日出:05:18 日没:22:03 ¥215/アイルランドポンド。  今日はまた国境を越えて、アイルランドに戻る。  6:30起床。7:00MC。8:00朝食。9:00出発。12:00「モナスターボイス修道院(Monasterboice)」到着。曇りから小雨模様。…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(8/11)

【第7日】1998年6月16日(火) ブンドラン→ロンドンデリー→ベルファスト 日出:05:09 日没:22:03 ¥241/イギリスポンド。  今日は、北アイルランド(英国領)に入る。6:30MC。7:30BO。7:35朝食。フライドエッグ、ソーセージ、ベーコン。快晴。8:00出発。  9:30頃、バスの腹から「スーツケー…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(7/11)

【第6日】1998年6月15日(月) ゴールウェイ→ブンドラン(Bundoran) 日出:05:09 日没:22:10 ¥215/アイルランドポンド。  日本文化の影響を受けたといわれる「ノーベル文学賞」を受賞した「詩人イエーツ(W.B.Yeats)ゆかりの地「スライゴー(Sligo)を訪れる。MC6:15。PO & BF7:15…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(6/11)

【第5日】1998年6月14日(日) ゴールウェイ滞在 日出:05:09 日没:22:04 ¥215/アイルランドポンド。  今日はゴルウェイ湾に浮かぶ「アラン諸島」の「イニシュモア島」観光の日。アイルランドで「文化の化石」ともいえる最も古いアイルランドが残る稀少なところです。  MC7:45。朝食8:15。出発9:15。南…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(5/11)

【第4日】1998年6月13日(土) キラーニー→ゴールウェイ 日出:05:18 日没:22:03 ¥215/アイルランドポンド。  6:15起床。6:30MC。7:15荷出しと朝食。ビュッフェスタイル。ジュース、ヨーグルト、フルーツなど。コーヒー、ベーコンエッグはオーダー。8:30出発。小雨。9:30「アベイ・フィール(Abbe…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(4/11)

【第3日】1998年6月12日(金) キラニー滞在 日出:05:18 日没:21:59 ¥215/アイルランドポンド。  今日は、ここ「アイベラ半島(Iveragh Peninsula)」の入り組んだ海岸線を一周する「リング・オブ・ケリー(Ring of Kerry)」という「観光ロード」を楽しむ一日です。  険しい山道、海…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(3/11)

●旅行前に知っていたこと: ◎ヨーロッパの辺境に位置し、ギリシャ・ローマ文明でない、古ヨーロッパ文明である「ケルト」の地である。 ◎ジャガイモ飢饉で、アメリカへ大量移民した。 ◎アメリカでは「アイリッシュ」と呼ばれ「アングロサクソン」優位の中で「マイノリティ」。「アイリッシュ」は原則的に「カトリック」であり、「プロテスタント」の多…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(2/11)

 ここで「アイルランド」のことを書きましょう。  「アイルランド(Ireland)」はイギリスの「ブリテン島」の西にある「アイルランド島」の大部分を領土とする「アイルランド共和国」で、首都は「ダブリン(Dublin )」。  「アイルランド」は英語読みで、アイルランド語読みは「エール(Éire)」という。1949年、イギリス…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1998年アイルランド旅行(1/11)

 これは「パック旅行」です。イギリスも何度か訪れ、1997年には「スコットランド」も行きました。英国は日本に似て島国で、左側通行だとか、王室もあって、行くまでは何となく暗い感じを持っていましたが、しっとり落ち着いた雰囲気が素敵と感じるようになりました。そのブリテン島の西にある「アイルランド」は「ケルト」の国として、これまた「ロマネスク美…
コメント:0

続きを読むread more

【男の台所】最近買ったもの

 「夫婦箸」というのは、おそろいで、少し大きさの違う一組の「箸」のことをいいますが、妻の箸が突然「行方不明」になりました。多分何かの拍子で「ゴミ」に紛れて捨ててしまったのでしょう。  仕方無く、新調です。先日NHKの番組「サラメシ」の再々放送だったか「大黒屋」の木箸がでていました。  いつもの「アマゾンコム」で見てみると「七…
コメント:2

続きを読むread more

【写仏】高僧・上人

 まず。印度の高僧。奈良「興福寺」蔵の「鎌倉時代」「運慶作」、「国宝」の「無著(むちゃく)菩薩立像」「世親(せしん)菩薩立像」があります。  我が国における肖像彫刻の最高傑作としてあまりにも有名な2躯。運慶作として知られるが、実際には運慶の指導のもと無著像は運助、世親像は運賀が担当したと考えられている。寄木造りで彩色・玉顔がはめら…
コメント:0

続きを読むread more

【写仏】二十八部衆

 二十八部衆は、千手観音の眷属(けんぞく)である。これは大乗仏教の主要な天部である金剛力士・梵釈・四天王・八部衆・弁財天・金毘羅・婆籔(ばすう)仙人などが含まれる集大成。  京都の三十三間堂には、「木造二十八部衆立像28躯」国宝に指定されている。寄木造、彩色、玉眼。像高は最大の大梵天王が169.7センチ、最少の神母女(旧称・摩和羅…
コメント:0

続きを読むread more

【雑感】文字を書く、音読をする

 最近は、文字を書くという動作が減ってきて、たまに書類に住所氏名など書かされると、戸惑うような状態になっています。  「ブログ」は勿論、日記やメモ、スケジュール管理も、かっては毎年「ダイアリー手帳」を買っていましたが、今は全てパソコンやスマホで済ませています。たまの友人知人とのハガキや手紙のヤリトリも、記録に残せる便利さや、文章訂…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る