【海外旅行】1998年ポルトガルスケッチ旅行(6/13)

【第5日】1998年4月18日(土)ヴィゼウ→サンチャゴ・デ・コンポステーラ 100エスクード=¥75

 6:30MC。7:30朝食。ヴィゼウ大聖堂前まで散歩。
ヴィゼウ大聖堂 2.jpg

 8:15出発。9:20●「ラメゴ(Lamego)」で駐めてもらう。塔だけ「ロマネスク」。
ラメゴ 2.jpg

 トイレ休憩の予定が、長引いて10:20発。

 この辺りの特産チーズの説明。「ケイジョ・デ・セーラ・ダ・エストレーラ (Queijo Serra da Estrela)」羊乳を原料としたチーズ。名称は山脈の名(エストレーラ山脈)に由来する。ポルトガルチーズの代表格として扱われる。中身はクリーミーで柔らかい。ポルトガル最古のチーズで、ローマ時代に起源があるといわれる。トロトロなので、カットして販売出来ないことが難点です。1個が1.5〜1.7kgもあり、何人かで集まって食べるしか方法がない。残念ながら話のみで、試食の機会はなかった。注)「ケイジョ」は「チーズ」のポルトガル語。
ケージョエストラーダ.jpg

サンチャゴまで地図.jpg

 10:55●「ヴィラ・レアル(Vila Real)」通過。この辺りで「エスピゲイロ(Espigueiros)」が見られた。高床式の穀物倉庫です。スペインのガリシア地方では「オレオ(Hórreo)」と呼ばれています。私は「ほあぐら」さん達と1990年に「サンチャゴ巡礼」したときに「スペイン側」で見ました。
エスピゲイロ 2.jpg

 ●「シャヴェス(Chaves)」でまたトイレ休憩。カッフェで地ワイン「ファヴァイオス(Favaios)」グラス1杯、100エスクード。
FAVAIOS.jpg

 12:35ポルトガルからスペインへ国境を越える。時計1時間進める。→13:35。
国境.jpg

 15:05●「オレンセ(Ourense)」のホテル「ザランパヨ(Zarampallo)」で遅い昼食。じゃがいもベースにキャベツ入りスープ、サーモンステーキ。食後、VISAで5,000ペセタ、キャッシング。16:10発。途中トイレ休憩1回。

 18:10●「サンチャゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)」のホテル「ヘルミレス(Gelmirez)」。部屋638号室。荷物を置いてすぐ、バスで大聖堂へ。ここは「サンチャゴ巡礼路」の終着点。私達夫婦は1990年と1994年以来、3度目です。

 20:00広場に集合して、レストランへ。玉子とほうれん草、ローストビーフ、じゃがいも、豆、人参添え、アーモンドケーキ。21:15歩いてホテルへ戻る。霧雨。21:30ホテル着。24:00就寝。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る