【昔と今】神戸あれこれ(3/3)

 「昭和5年(1930)神戸市名所交通図絵」というモノを入手しました。現物でなく「スキャニング画像データ」をCDに収めたものです。横長なので四分割して東から順に見ていきます。
神戸市交通名所繪圖-02-400dpi0.jpg

 凡例を拡大しました。
凡例.jpg

 図の右手は縮小表示で大阪が見えますが、中央部分が「灘区」。「ケーブルカー」のところが摩耶山。その左には、三ノ宮の奥の「布引の滝」が見えています。「交通図絵」ですから「縮尺」はいい加減です。

 灘区のところは、浜側から「阪神電車」「阪神国道電車」「省線(JR)電車」「阪急電車」とが走っています。この時点では「阪急」は「上筒井(かみつつい)」が終点でした。そこから西へは赤線で「市電」が通じていました。ここには「関西学院」がありました。東西にはこのように多くの路線があり便利でしたが、南北の交通機関はほとんど無く、坂道を徒歩で上ったり下ったりです。

 この図には乗っていませんが、実際は「JR灘駅」の東に「東灘駅(操車場)」という「貨物駅」があり、そこから港の方へ「貨物線」が走っていました。
貨物線.jpg

 こんなにも一杯「臨海貨物線」があったのです。突堤近くの倉庫群まで直通。神戸は、横浜と並んで「日本一の貿易港」ですから。当時は「トラック運送」でなく、遠距離輸送はすべて「鉄道貨物輸送」だったのです。未だコンテナはありませんでした。

 灘南通3丁目の家から真っ直ぐ坂を登ると「JR」の下をくぐる長いトンネル道でした。丁度その上が「東灘駅(操車場)」で、線路が十本以上あり、機関車が貨車を引っ張って行ったり来たり、それぞれの方向と順序を並べ替える作業を、飽かず眺めたものです。こんな図面が見つかりました。
東灘操車場.jpg

 「東灘操車場」の「線路図」です。元図は南北が逆でしたので、逆さにして、赤で説明を付けました。中央は東海道線、複々線です。操車用の線路は北側に9本、南側に10本、その外側に臨海線に繋がる線路が1本ずつ、合計25本の線路があったのです。道理で「長いトンネル道」でした。

 神戸臨港線は、2003年(平成15年)東灘信号場 - 神戸港駅間 (3.4km) 廃止。兵庫臨港線も1984年(昭和59年)2月1日 全線廃止。になりました。

 浜の方の「摩耶埠頭」もいまや「トラック」「コンテナ」の一大ターミナルです。

 次の図は、先の図の西隣で、中央手前が「神戸港」の「突堤」が並び、右手に「三ノ宮駅」左手に「神戸駅」が見えます。その中間に「元町商店街」がありますが、まだ「元町駅」は出来ていませんでした。中央奥に「市章山」と「いかり山」の「電飾」が見えます。
神戸市交通名所繪圖-02-400dpi2.jpg

 波止場の突堤は第1第2とありますが、有名だったのは「中突堤」と「メリケン波止場」でした。長兄が、当時の「支那・漢口(今の武漢)」の伯父の所へ遊びに行く船出を、テープで送ったのが印象に残っています。【「兄たちの遊び」のこと】https://romaneko.at.webry.info/201601/article_4.html参照。

 港の入口には「神戸税関」があって、そこから「滝道(たきみち)筋」(今のフラワーロード/明治以前の生田川川筋)を北に行くと、三ノ宮の繁華街。昭和11年には「阪急」も来て「阪神」は地下に潜って、上に「そごう」ができて賑やか。当時の「阪神」「阪急」のロゴマーク。
阪神阪急ロゴ.jpg

 三ノ宮から更に北へ、「加納町」の交差点を経て「布引登山口」へ。ここには「市電の車庫」がありました。子供ってそんな処に興味を持つのですね。

 布引の「雌滝(めたき)」「雄滝(おたき)」の上流には、神戸の水源のひとつ「布引貯水池」が見えます。その右側は「摩耶山忉利天上寺」。

 画面中央「下山手四丁目」には「兵庫県庁」と「県立第一高等女学校」が向かい合わせに建っています。

 左の「神戸駅」の向こうには「市役所」と「裁判所」、その奥に「大倉山図書館」。左端にかすかに「湊川神社(楠公さん)」の境内が。山の方は「再度(ふたたび)山」、遠足や行軍演習の定番地でした。

 次の図は「兵庫区」中心。手前に「和田岬」が突き出ていて此処に「三菱造船」右の方に「川崎造船」と工場街です。
神戸市交通名所繪圖-02-400dpi3.jpg

 右手の「湊川神社」のとなりは市電「有馬道(ありまみち)」停留所。市電は分岐してここから奥へ「平野」まで。多分この道が「有馬温泉」への街道筋か?

 もう一つ左が「旧湊川」の跡地に出来た「新開地商店街」。「ええとこええとこ聚楽館(しゅうらっかん)」は閉鎖になりましたが「グーグルマップ」の「ストリートビュー」で探検すると、商店街アーケード入口に「ええとこええとこ新開地」という横断幕が見られました。ここから上に行くと湊川公園。戦後ここに「戦災孤児の靴磨き」が沢山いました。ここから「神有電車」で「有馬温泉」直通です。

 神戸駅の西の駅は「兵庫駅」。私の母校「県立工業学校」がすぐそばに見えます。この地図の西端は「新湊川」と「長田神社」。「兵庫駅」から「山陽電車」が姫路まで通っています。

 最後の図は当時の西端「須磨区」まで。手前海岸の「赤い旗」で囲ったところは「須磨海水浴場」。夏場7月中旬には、市内の各中学校が、各々指定の処で約一週間「海水浴」。これは「授業」の一端だったのでしょう。市電の「回数券」一枚4銭だったのを覚えています。当時大人運賃6銭、車内で車掌さんに「乗換券」を発行して貰うと乗換無料。市バスは9銭、これも市電への乗り継ぎ無料でした
神戸市交通名所繪圖-02-400dpi4.jpg

 中央に見える工場は「鉄道省鷹取工場」です。右手に見えるのが「官立(国立)神戸高等工業学校」です。

 第一志望でしたが不合格で、新設の「兵庫県立高等工業学校」に進学しました。これは図面右の「県立三中」の左下に見える池「五位ノ池」を埋め立てて、「県工」の新校舎が出来、そこに併設されたのです。空襲で焼けて、戦後、姫路工業学校に宿借りし、後「書写山」に新校舎を建て「新制姫路工業大学」から、今は「兵庫県立大学工学部」に変身しています。

 図面左手には市電「離宮道」から奥へ進むと「武庫離宮」が見えます。戦時中は勿論公開などありませんでしたが、戦後、進駐軍に接収され、昭和31年(1956年)に神戸市に返還され、昭和42年(1967年)に「須磨離宮公園」として正式開園しているようです。残念ながら未だ訪れるチャンスがありません。

 この道を更に進むと「多井畑(たいのはた)」という処に至ります。此処も「行軍演習」の目的地でした。行軍演習というのはタダぶらぶら歩くのでなく四列縦隊を組み、整列して長距離歩くのです。時に「軍歌」などを歌い「歩調」をあわせて歩く訓練です。銃を担いでの行進もありました。【「行軍歌」のこと】https://romaneko.at.webry.info/201601/article_10.html参照。

 ここには「結核療養所」があり、入所している「友人」を「お見舞」した覚えがあります。

 須磨は、「須磨寺」も桜の名所でした。この図にはありませんが「一ノ谷」あたり、崖をならして「須磨浦公園」ができ、ここも桜の名所でした。地図にある「鉄拐(てっかい)/鉢伏(はちぶせ)山」がそれです。

 以上です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る