【昔と今】灘小学校の歴史

 私が1年生で小学校へ入ったのは「昭和9年(1934年)」の春4月でした。学校は私の家から見える所です。

 神戸市灘区の「灘尋常小学校」です。「西灘」だったか、「尋常高等小学校」だったか、少し記憶が曖昧でした。ただ「幼稚園」のお別れ会の歌で「皆さんこれからどの学校へ、私はこれから灘学校へ〜」と歌った覚えは確かなのですが。阪神国道を走っている「市バス」でなくて「阪神バス」(阪国バスだったかも知れません)の停留所の名前が「西灘小学校前」だったような気がしていました。

 最近思い立って「ネット検索」をしたら、ホームページがあって、歴史も判りました。ウィキペディアもありました。その両方を使って、私の思い出と共にまとめてみましょう。ブログを始めた5年前と違い、各所で「ホームページ」ができたり。「ウィキペディア」も充実してきたように思います。私の「検索」の腕も上がったのかも知れません。いろんな事が判るようになってきて。おぼろげな記憶が、補充されるようになりました。

 「神戸市立西灘小学校」ホームページの中に「学校の変遷」という項目がありました。
西灘小学校変遷.jpg

 これによりますと、
●創立:1880年(明治13年)4月1日。
●所在地:神戸市灘区船寺通3−4−1。
●昭和2〜11年の校長:常見勇蔵。

 私は3年生の1学期までしか居なかったのですが、そういえば校長先生はそんな名前だったように思います。毎朝の運動場での「朝礼」時には、校長先生自ら「明治天皇御製」あるいは「昭憲皇太后の御歌」を2度繰り返し朗詠されるのが常でした。今でも覚えています。
 「あさみどり すみわたりたる 大空の ひろきをおのが 心ともかな」。

 我が家は、学校とは阪神国道を隔てた北側斜向え側で「灘南通3丁目」でした。「船寺」というのは、学校の東南、数百メートルのところに「船寺神社」というのがあり。毎月1日には、学校から参拝に行きました。学校の住所が「船寺通」というのは、今初めて知りました。

 挿絵は以前掲載した、近隣図。
灘地図2.jpg


 当時既に「鉄筋3階建ての校舎」で他校に比べて立派でした。

 ア、ネットサーフィンしてて「ナダママ」さんのサイトで昭和5年の西灘小学校の写真が見つかりました。
【地下道慕情(2)西灘の好々爺】http://www.nadatama.com/modules/wordpress9/index.php?p=77
西灘小学校写真ハガキサイズ.jpg

 正面に小さく見えるのが「森交番」(森の名前はこの記事で思い出しましたこの地域の「字(あざ)」の名前です、町名には残っていませんが)。「巡査さん」(神戸では「おまわり」さんとは云わなかった)が、サーベルを下げていましたよ。

 注)「交番」も当時は神戸では「巡査派出所」と難しく正式名で読んでいました。調べて見ると「交番」「交番所」は東京発祥らしく、それでも「派出所」が正式名称で、1994年(平成6年)から正式名称が「交番」 (KOBAN) になった……とのことです。
巡査制服.jpg

 ここ写真は私の家の隣の「米屋」さんの前から撮ったに違いありません。ア、学校も3階建てでなく4階建てみたい。「地下道入口」が見えるのも懐かしい、一日一回は往復したハズ。(こんなの見つけてくださってありがとうございました。>naddistさん)

 以下ウィキペディアからの抜粋。
●沿革
1868年(明治元年)5月8日 - 神戸・二ッ茶屋・走水の3村に、村組合立の小学校が開校(岩屋小学校・大石小学校・篠原小学校)。
 注)これは誤りです、「神戸・二ッ茶屋・走水」の3村と「岩屋・大石・篠原」は全然地域が異なります。
1880年(明治17年)4月 - 前述の3校が合併し、現在の本校の位置に開盛小学校が開校。この時を以って開校とする。
1883年(明治20年)4月 - 開盛尋常小学校と改称。
1893年(明治26年)4月 - 都賀浜尋常小学校(現・神戸市立西郷小学校)が分離。
1903年(明治36年)4月 - 西灘尋常高等小学校と改称し、高等科と西灘裁縫学校を設置。
1921年(大正10年)4月 - 西灘第一尋常高等小学校と改称。西灘補習学校を設置。西灘第二尋常高等小学校(現・神戸市立稗田小学校)を分離。
1921年(大正10年)10月3日 - 西灘裁縫学校を廃止。
1925年(大正14年)8月 - 西灘補習学校を廃止。西灘第一商業実習学校設立。
1927年(昭和2年)月 - 西灘第一商業実習学校を西灘商工実習学校と改称。
1929年(昭和4年)4月 - 武庫郡西灘村が神戸市へ合併。西灘商工実習学校及び女子部は西灘第二尋常小学校へ移る。
1932年(昭和7年)4月 - 神戸市立灘尋常高等小学校と改称。
1938年(昭和13年)7月 - 阪神大水害が発生。
1941年(昭和16年)4月 - 神戸市立西灘国民学校と改称。
1942年(昭和17年)1月 - 県内神崎郡方面への学童集団疎開始まる(1945年9月まで)。
1945年(昭和20年)6月5日 - 校舎が神戸大空襲により被災。
1947年(昭和22年)4月 - 神戸市立西灘小学校と改称。校章を変更。
ー以下省略ー

 これによると、私が通っていたときは、尋常科(6学年)に高等科(2学年)が併設された「神戸市立灘尋常高等小学校」というのが正式名称でした。昭和7年までは「西灘第一尋常高等小学校」だったので、バス停名は「西灘小学校前」だったのでしょう。

 校章も当時は「西灘」を図案化した菱形ものを使っています、「二」が4つで「にし」。
校章.jpg

 戦後「国民学校」から「小学校」に校名変更のとき、校章も新しくしたようです。

 昭和4年に、武庫郡西灘村が神戸市へ合併になったようです。私は1歳半。三ノ宮近くの生まれで、その後転々としたようで、昭和6年には、灘区に住んでいた記憶がありますが、西灘村時代は記憶がありません(昭和2年生まれですから)。

 今は「グーグルマップ」の「ストリートビュー」があるので、現地を訪ねなくても、「疑似散歩」ができます。このブログに以前【「食事」のこと(二)】
https://romaneko.at.webry.info/201506/article_21.htmlで書いた記事……
--------------------------------
 この頃、コロッケや串カツなどが一銭か二銭ぐらいで、小学校の裏、石垣下に屋台店があり、「おかず」として買いに行かされました。
 容れ物は何を持っていったのか?やはり新聞(紙)に包んで貰って持って帰ったか、定かではありません。ここはたぶんその頃から(夜は)「立ち食い一杯飲み屋」だったのかも知れませんが・・・暖簾はかかっていなかったと思います。当時は(飲み屋だなんて)夢にも思いませんでしたが・・・
串カツや.jpg
--------------------------------
 学校の西側に通用門があり、その向いが「学校前(ガッコマエ)」と称する「文房具屋」がありましたが、道も拡幅され、見当たりませんでしたが、この「小学校の南側の石垣」は今も健在です(チョット地震ででも崩れたか、補修の跡が見えます)。串カツ屋台は見当たりませんでしたが……。懐かしい……。挿絵写真は「グーグル・ストリートビュー」。
小学校裏.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る