【昔と今】日本の地域(1/8)近現代の地域区分

 日本国内の地方の名前。都道府県や旧国名、地方名など知っているつもりでも、おやっと思うことがあります。取り敢えず、現在使われている「行政区分」や慣用的に使われている、地方区分を見てみましょう。

 都道府県名は明治以降、殆ど変わっていません。

 1都1道2府43県、47都道府県とも云います。広域区分名は若干、変遷や異動があるようです。
47都道府県.jpg

 「●北海道」は取り敢えず1つとしておきましょう。

 「●東北地方」は東北6県(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)とも言われますが、戦前は「◎奥羽地方」というのが教科書で習った名称です。昭和25年頃から変わってきたようです。

 「●関東地方」は茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都6県ですが、「◎首都圏」という呼び方では山梨県が加わります。郵便局の区分も山梨県は関東地方に入っています。

 「●中部地方」は新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知の9県です。中部地方のうち、静岡、愛知、岐阜は「◎東海地方」と呼ばれることがあり、この場合、三重県が加わることが多いです。また富山、石川、福井は「◎北陸地方」と呼ばれ、時に新潟が含まれます。。山梨、長野で「◎甲信地方」、山梨、長野、新潟で「◎甲信越地方」とも呼ばれます。長野と新潟で「◎信越地方」とも。郵便局では「中部地方」に三重県が入っています。

 「●近畿地方」は、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府5県です。時に三重県が外れることがあります。「関東地方」と対置して「◎関西」が「近畿」の類義語として多用されていますが、範囲は一定していないようです。

 NHK大阪のTVの気象情報などでは、結構広域になり、項目によれば、岡山や徳島・福井・岐阜辺りまで表示されます。ま、これは「近畿」でも「関西」でもなく、視聴可能地域が含まれているのだと思いますが……。

 「●中国地方」は、鳥取、島根、岡山、広島、山口の5県です。

 「●四国地方」は徳島、香川、愛媛、高知の4県です。

 「●九州地方」は沖縄を含め、「●九州・沖縄地方」とされ、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の8県です。

 なお、戦前は「樺太」が、現行47都道府県とともに「★内地」とされ、朝鮮、台湾、関東州(租借地)、南洋諸島(委任統治地)は「★外地」と呼ばれていました。

 さて、このほか大きい分け方で、西日本・東日本・北日本などというのがあります、ウィキペディアによりますと:

 まず「■西日本」。一般には近畿・中国・四国・九州の総称。広くは中部地方も含め、さらには近畿地方を除いた中国地方、四国地方、九州・沖縄地方を指す場合がある。

 地質学の分野では、フォッサマグナの糸魚川〜姫川・青木湖・松本盆地・塩尻・釜無川・早川・富士川以西を「西日本」とする 説もあれば、糸魚川静岡構造線以西を西日本とする説もある。

 各種文化面では富山・岐阜・愛知3県以西の地を指す。方言学における西日本方言(西部方言)では、北陸方言・近畿方言・四国方言・中国方言・雲伯方言を指す場合、岐阜・愛知方言を西日本に含む場合、九州方言を西日本に含む場合などがある。

 気象庁では日本列島を北日本・東日本・西日本および奄美・沖縄に4区分しており、気象予報で「西日本」と言う場合、三重県を除く近畿・中国・四国・九州を指す。

 これに対して「■東日本」。一般には北海道・東北地方・関東地方を指す。広義では中部地方も含め、狭義では北海道や東北地方を「■北日本」に分類し、関東地方のみ、または関東地方と中部地方を指す。

 地質学の分野では、フォッサマグナの糸魚川〜姫川〜青木湖〜安曇野〜塩尻峠〜釜無川〜早川〜富士川以東を「東日本」とする説もあれば糸魚川静岡構造線以東を「東日本」とする説もある。

 注)「フォッサマグナ」と「糸魚川静岡構造線」について……
 「フォッサマグナ(羅: Fossa magna、意味:大きな溝)は、日本の主要な地溝帯の一つで、地質学においては東北日本と西南日本の境目となる地帯。中央地溝帯(ちゅうおうちこうたい)、大地溝帯(だいちこうたい)とも呼ばれる。端的に言えば、古い地層でできた本州の中央をU字型の溝が南北に走り、その溝に新しい地層が溜まっている地域である。(1500万年前はこの地域は海峡になっていた)
糸魚川富士川線.jpg

 「糸魚川静岡構造線」と上記の「糸魚川〜姫川・青木湖・松本盆地・塩尻・釜無川・早川・富士川ライン」とはあまり隔たりはない。
フォッサマグナ断面図.jpg

 本州中央部、中部地方から関東地方にかけての地域を縦断位置する。西縁は糸魚川静岡構造線(糸静線)、東縁は新発田小出構造線及び柏崎千葉構造線となるが、東縁には異説もある。

 フォッサマグナはしばしば糸静線と混同されるが、フォッサマグナが「面」であるのに対し、糸静線はフォッサマグナの西端の境界を成す「線」である。
 方言学の分野では東日本方言(東部方言)は、北海道方言・東北方言・関東方言・東海東山方言の新潟・長野・岐阜・愛知以東を指す。

 各種文化面から新潟・長野・静岡の各県以東を東日本とする場合もある。

 気象予報では、北日本、東日本、西日本、沖縄・奄美の4分類になっており、「東日本」は関東甲信・北陸・東海(三重県も含む)を指し、北海道・東北は「北日本」とされている。
天気予報4区分.jpg

 供給電力が「◆50ヘルツ地域」と、「◆60ヘルツ地域」に分かれていることもご存知でしょう。明治29年時を同じくして、東京では50ヘルツの発電機を導入、大阪では60ヘルツの発電機を導入にたのがきっかけで、現在の地域区分は挿絵のようになっています。
r-s-denki-50hz60hz01.jpg

NTTサービスの東西区分は図のようになっており、電力の50/60サイクル区分とは微妙に違います。
NTT.jpg

 「高速道路」や「JR」も分割されています。
JR高速.jpg

 民営化で「分割」が進みましたが。これで良かったのでしょうか?「Suica」と「ICOCA」の使い分けとか、チョット不便なことも起きています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る