【写仏】十二神将(奈良国立博物館)

 「新薬師寺」の画像を得る前に、「奈良国立博物館」のものを写仏していました。これはかつて横浜市金沢区の太寧寺(たいねいじ)に伝来した十二神将で、木造 檜材 一木造 彩色(剥落) 玉眼 立像。鎌倉時代 13世紀。

 各像の姿勢や持物、髪型や兜(かぶと)の形状などは、鎌倉・覚園寺(かくおんじ)像とほぼ一致することから、本像も、鎌倉国宝館像同様、覚園寺の前身である大倉薬師堂に祀られていた運慶作の薬師如来像に随侍した十二神将像の形式を模した「大倉薬師堂様」の十二神将であったと考えられています。

 また、特徴的なのは、各神が頭に十二支の動物を付けていることです。新薬師寺のモノと比べると、全然姿かたちも持ち物も合いません。鎧や兜は似ていますが、鎧を着けていない像もあります。
 
子丑.jpg

寅卯.jpg

辰巳.jpg

午未.jpg

申酉.jpg

戌亥.jpg
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る