【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(7/9)

●再び、アンドーラへ [第8日]8月15日(木)  今日もまたまた「朝飯前」の「探訪」に。天気は快晴。7時5分「セウ・デ・ウルジェイュ」の「パラドール」を出て、昨日見残した「アンドーラ」へ。  「サン・ミケル・デンゴラステル」(Sant Miquel d'Engolasters) は、アンドーラの「中心街」から東に…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(6/9)

●アラン谷を経て、アンドーラへ [第7日]8月14日(水)  今日もまた「朝飯前」の「探訪」。7時5分パラドールを出て、さらに西北に16 km、フランス国境迄わずか 10 km のピレネー山中の「ラスンシオン・デ・サンタ・マリア・デ・ボソスト」(l'Assumpcio de Santa Maria de Bossost)を訪…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(5/9)

●今回の目玉、ボイ谷へ・・・ [第6日]8月13日(火)  今回の旅は実質10日間なので、今日からもはや後半戦。7:45「カルドーナのパラドール」をチェックアウト。  今日も西北に向かうのだが、何しろ「カタルーニャ」は南北に山筋が走っているので、南北は谷沿いに良い道があるが、東西は厳しい峠道となる。  少し遠回り…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(4/9)

 ●またまた山登り…… [第5日]8月12日(月)  「ロマネスク探訪」は1つでも多くの教会を見たいので、いつも強行軍。今回のパターンは「朝飯前」の「教会探訪」。  ここ「ヴィクのパラドール」は Vic の町から 15km も奥に入った湖のほとり。  「サン・ペレ・デ・カセーレス」(Sant Pere de Ca…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(3/9)

●いよいよ探訪ドライブに [第4日]8月11日(日)  バルセロナのホテル・アルファを8:30チェックアウト。高速に乗り、北へ……。9:00「テラーサ」(Terrassa)の5世紀に起源を持つといわれる「エガラ」(Egara)司教区教会堂群に到着。閉まっている。平日10:00-13:30 16:00-19:00 日祝日11:…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(2/9)

●ロマネスクの宝庫・カタルニア美術館 [第3日]8月10日(土)  レンタカーの運転は「ほあぐら」さん。これからは私はナビゲータに徹すればいいのだ。助手席で地図を膝にのせて、資料を前の「物入れ」に・・・と思ったら、ここには「エアバッグ」収納とあって、便利が悪くなってしまった。  今日は市内の「カタルニア美術館」(Mus…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年カタルニア・ロマネスク探訪(1/9)

●イギリス南西部旅行記からのつづき:これから8月17日帰国まで9泊の旅です。 [第1日]8月8日(木)  「ほあぐら&とりゅふ」さんと「4人1車」のロマネスク探訪は、今回で第8回目になる。ちょっと記録を繰ってみると…… 1◎フランス/ブルゴーニュ・ロマネスク(1979/12/28〜80/1/6) 2◎スペイン/ナ…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(5/5)

[第6日]8月7日(水):ヨービル→トーキー→ロンドン[日出:5:34 日没:20:37]  今回のホテル選定は、見所を決める前に適当に選んだので、この Yeovil はロンドンに近すぎて、今日はちょっと逆戻りコースになった。  推理作家アガサクリスティは数ヶ月前の「イラク旅行」でも「メソポタミアの殺人」という作品があったり…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(4/5)

[第5日]8月6日(火):パドストウ→ティンタジェル城→ダートムーア→ヨービル  8時朝食、9時出発の予定が、時ならぬ雷雨で9時半パドストウのホテルを出発。港周辺をドライブして、北20キロほどの所にある「ティンタジェル城」に向かう。  ここは、復活が信じられている伝説「アーサー王」の城と称しているところで2キロほど手前の町の…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(3/5)

[第4日]8月5日(月):ダンスター→ランズエンド→ミナック・シアター→(忘れ物を取りに)ダンスター→パドストウ  今日は半島の先端ランズエンド迄走らなきゃならないので、朝食8時からなんてのんびりしておれない。ルームサービスを頼んで6時朝食。7時チェックアウト。ここは感じの良いホテルの割にキャンペーンで安い。朝食2人分込みで 66…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(2/5)

[第3日]8月4日(日):ロンドン→エクセター(パウダーハム・キャッスル)→ダンスター[日出:5:43 日没:20:57]  7時起床、朝食。8:35ホテル出発。レンタカー事務所が日曜日で9時オープンなのです。地下鉄 Green Park から、Bond Street で下車。  定刻に行ったら、既にオープンされ、先客が数人…
コメント:0

続きを読むread more

【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(1/5)

 1996年8月、ほあぐらさん夫婦と「スペインカタルニア・ロマネスク探訪旅行」を計画したとき、隠居中の我々は、時間が余っているので、夫婦だけ先にチョット「イギリス」を覗いていこうと「レンタカードライブ南西部二人旅」をしたときの記録です。 [第1日]8月2日:自宅→成田→ロンドン[日出:5:27 日没:20:46]  飛行機は…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】私の読書遍歴(10)新潮社 現代長篇小説全集

●新潮社 現代長篇小説全集 全24巻(1930.2 〜)  これは、また平凡社「現代大衆文学全集」と違って、「現代小説」「恋愛小説」「家庭小説」といわれる「通俗小説」の分野なのです。「市場(マーケット)」帰りの「小母さん」達の好みの「お涙・悲恋物語」なので、わが古本店では「大活躍」でした。  今調べても、なかなか内容題名が判…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】私の読書遍歴(9)平凡社・現代大衆文学全集

 この全集では、長く、たくさん儲けさせて貰いました。中には不評のモノもありましたが、全般的に「娯楽読み物」として、お客様に喜ばれました。 昭和2年から昭和7年までの出版です。私の小学校入学は昭和9年ですから「わが古本店」には既に全巻揃っていました。 ●正編40巻 第01巻 白井喬二集 新撰組 外 第02巻 江見水蔭集 初鰹献…
コメント:0

続きを読むread more

【読書】私の読書遍歴(8)昭和初期の文学全集

 戦前、昭和の「古本屋」の一番上の列に並んでいたのが、「円本」のトップを切った改造社の「現代日本文学全集」全63巻でした。 ◎坪内逍遙◎徳富蘇峰◎徳冨蘆花◎幸田露伴◎泉鏡花◎島崎藤村◎田山花袋◎夏目漱石◎谷崎潤一郎◎芥川龍之介◎菊池寛◎石川啄木◎賀川豊彦◎大佛次郎などなど明治以降の文豪の作品を網羅した全集です。  タダこれら…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る