【海外旅行】1996年イギリス南西部二人旅(1/5)

 1996年8月、ほあぐらさん夫婦と「スペインカタルニア・ロマネスク探訪旅行」を計画したとき、隠居中の我々は、時間が余っているので、夫婦だけ先にチョット「イギリス」を覗いていこうと「レンタカードライブ南西部二人旅」をしたときの記録です。
イギリス南部地図1.jpg

[第1日]8月2日:自宅→成田→ロンドン[日出:5:27 日没:20:46]

 飛行機はJAL。帰りは、ほあぐらさん達と一緒に帰ることにしたので、高いJALということになる。しかも帰りの日が旧盆明けの日曜日と「超混んでいる日」だったので、出発3日くらい前まで「格安航空券」調整待ち、だったが結局「悟空」(レギュラーエコノミー)325,000円。これにロンドンのストップオーバー10,000円也。注)今考えても高い。やはり「夏休みシーズン」だから……HIS手配。

 例によって、箱崎まで車で行き、チェックインや出国を済ませて、リムジンで成田へ、ターミナル内の「うどん屋」で朝食を済ませ、巻寿司とあなご寿司を今夜の夜食に買込む。これは、ヨーロッパ直行のときの我が家の定番になってきた……ロンドンでの第一夜の夕食はこの「寿司弁当」で済ませるのだ。
寿司弁当 2.jpg

 ダイナースのラウンジで一服して、日本酒一合パック10個入り¥2,200を買って、JL401便11:50発。ほぼ満席。となりにはロンドンで1ヶ月ホームステイの独り旅女子大生。

 出発が「ハバロフスク上空が混み合っていて」という理由で約30分遅れ。途中順調に現地時間16時50分ヒースロー空港着。(時差8時間)

 空港では早速VISAカードでキャッシング。400ポンド……9月5日精算で、レート 167.913円/ポンド、手数料(利息相当)¥1,739。請求額合計 ¥68,904。実質レート 172.26円。

 ロンドン三越で仮換算しているのを見ていたら175円で計算していたので、カードキャッシングはやや有利のようだ。

 イギリスの宿はすべて「フォルテ(FORTE)」チェーン。「地球の……」の「ジオクラブ」というのに入っているので、夏期キャンペーン割引もあるということで、日本で「フォルテ」に電話して資料を送ってもらい、予約した。

 ロンドンは都心で安いところということで「フォルテ・キャベンディッシュ(Cavendish)」これはピカデリーサーカスから西へピカデリー通りを300メートル、紅茶で有名な「フォトナム・メイスン」のすぐ裏の通りにある。ボンド通りにも近く。お買物には便利。注)今は「ザ キャベンディッシュ ロンドン(The Cavendish Hotel London)」という名になっている。

 荷物(スーツケース2個ぷらすアルファ)が多いので空港からはタクシー。メーターで 31.40ポンド、35ポンドあげる。(レート175円で)¥6,150。

 ホテルチェックインは18:30。部屋のバスのドレイン(水抜き)が悪く、流れないので、交渉して部屋移動。502号室。寿司と日本茶で夕食。

 今までいわゆる「ラーメンポット」というご飯も炊けるヒーターを持参していたが、前回、投げ込み式のヒーターを買って重宝したので今回もそれで湯を沸かす。何処にも行かずに寝る。22:00就寝。

 二人だけの旅はこの辺が「のんびり」している。

[第2日]8月3日(土):ロンドン滞在(ホテル→ボンド通り→AVIS営業所→ホテル→三越→フォトナム・メイスン→ホテル→大英博物館→ホテル)

 今日はロンドンでおとなしくしている日。……つまり「お買物日」ってことになるかな? ミュージカルでもって考えたんだけど、明日からドライブに出るのでやはり「夜遊び」はしないことに……

 ホテルで「コンチネンタルブレークファスト」(安い肉っ気のない方)二人で21.9ポンド(¥3,800)……高いね。近くのファーストフッドへ行けば良いんだがつい不精して。

 9:10、ホテルを出てボンド通りを北へ。妻が友達に頼まれてきた「変り細工のデザートフォーク」のスペアを探したい。その「Asprey」は10時開店。
ロンドン地図1.jpg

 この通りはブランドの店が軒を連ねているが、いま夏休みを利用して店内改装閉店中の店が多い。妻がいつもバーゲンを買う「パリのセリーヌ」も閉まっていて残念。

 明日車を借りる「AVISメイフェア営業所」が、この通りを北に抜け、オックスフォード通りを西に5〜6ブロックいったところの路地にあるので、一応所在を確かめておく。

 日本からの予約は4日間でここへ戻す契約だが、その翌日空港へまたタクシーなので、もう一日延ばして5日間で空港で車を返すといくらになるか試算してもらった。

●4 Dy's RTN MAYFAIR ..... 189.08
●5 Dy's RTN HEATHROW .... 236.35 .... 差額 47.27 ポンド

 これに、10数ポンドのパーキング代もかかるので、やはりタクシーの方が安い。5日以上になると1週間まで同額になり、保険代だけの加算で済むのだが今回は日数が短いので、そうはならなかった。

 近くでミネラルウオータとコーラ一缶買う。同じ道を歩いて戻る。商店もすっかり開店時間だ。「Asprey」での探し物はサンプルを持参したのだが、もう取り扱っておらず、空振りに終わった。途中「全日空・高島屋」があったので立ち寄ったが、特に買物無し。ホテルに戻って、ちょっと一息。

 11:00出発で、今度はピカデリーサーカス近くの「ロンドン三越」へ。

 ここでは沢山お買物。昨年から探していた「フェラガモの黒の中ヒール」、もちろん「とみちゃん」のもの。わたしも「アクアス」の黒い「レジャーコート」(今日半額になったばかりとか?)。「とみちゃん」の紺のレインコート(不祝儀のときに必要なんだそうです)。その他もろもろ……

●バーバリ・財布:61.00●バーバリ・カシミヤマフラー:77.50●サボナ・ブレスレット:19.2×2●アクアスキュータム・レジャーコート(ブルゾン):145.00●女物レインコート紺:262.00●フェラガモ・靴:139.00●計722.50ー免税104.09=618.41英ポンド=¥108,222(ダイナースカード)

 荷物が大きくなったので、ホテルに戻る。途中「フォトナム・メイソン」で和食寿司の弁当を売っているのに驚く。早速買って(6.5ポンド/¥1,150)ホテルの部屋で昼食に。(老人なので昼は1人前を2人で丁度良い)

 14時からは、地下鉄で「大英博物館」へ。前々回のイラク旅行で現地で見た「アッシリア彫刻」を「大英博物館」であらためて見直そうというわけだ。
また、9月はギリシャ・トルコへ行くのでその関連も見ておこうというわけ。
画像

 ここは無料なので、土曜日というセイでもあるか、けっこうな人出だ。帰りに20ポンド寄付をして、記念メダルを貰ってきた。

 帰りはバスに乗ってみる。以前新・若旦那達と来たときは、バスの路線図を持ってきていたが、今回は忘れてきた。地下鉄主要駅で入手できるようだが。

 とにかくバス停らしいところに行くと、そこから行ける行先がアルファベット順に書いてあり、その後ろに路線番号が載っている。そして別に付近の地図があってそこに路線別の停留所がA,B,C……と表示されてある。

 例えば51番はA停留所からでそれは筋向かいの十字路の先にあるという具合だ。もちろんそのA停留所に行くと、16,25,51というように止まる路線番号が書かれてあり、そのバスが来たら手を上げて止まってもらい、車掌がいるので車内で行先を行って切符を買う……。至って合理的なのだ。注)今は車掌がいなくなって「乗車前に切符を買え」と書いてあります。
バス停.jpg

 17:30ホテルに戻り、持参の日本食「たくあん」「牛丼」「カップヌードル」「ごはん」(このご飯、電子レンジでチンか、熱湯に10分漬けるのだが、どちらも部屋では無理なので、熱湯を中に入れ少し蒸らしてみたがバサバサで旨くない、名案はないものか?)日本酒1合で夕食。

 これからのドライブでスーツケースは一つだけ部屋に持ち込んで済ませられるように、荷物の再整理をする。就寝21:30。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る