【海外旅行】1998年チュニジア8日間(2/11)

◎エールフランスの夜行便で出発

第1日 1998年2月11日(水)

 さて、午後3時半に車で家を出たが、祝日ということもあって、首都高速も渋滞なく、東関道に入って、酒々井PAでコーヒーを買って眠気ざまし。成田のいつもの「Jパーキング」に6時前に到着。

 ここのパーキングは、テントのガレージで預かってくれて、洗車もしてくれる。7日間以上は何日でも同額、消費税込みで¥8,610。長期旅行の方にはお薦めだ。
画像

 注)値段は少し上がっていますが、いまも盛業中のようです。

 集合時間の7時55分にはまだ間があるので、第2ターミナルの方に送ってもらって、ダイナースカードのサロンで1時間ほど休息。注)ダイナース、アメックス、その他のゴールドカードを持っている人は、各国際空港で、無料のサロンがあるので、利用しない手はない。

 無料連絡バスで第1ターミナルに移り「京樽」のお寿司で腹ごしらえ。文庫本を2冊購入。

 集合時刻10分前に受付けてもらい、8時半に再度集合、搭乗券を受取って、例によって「日本酒一合パック10個」¥2,000を買って、AF273便に乗り込む。
画像

 この便は、太平洋のニューカレドニア島の「ヌメア」から成田経由パリ行きで、数十人の乗り継ぎ客を先に乗せ、ほぼ満席のジャンボ機。注)ニューカレドニアはフランス領。
画像

 離陸後間もなく遅い夕食。赤ワインを飲んで、睡眠薬を飲んで、アイマスクをして、2本の映画をパスしてこれからの長い一日に備えて「熟睡」。

 しかし何とパリまで14時間も掛るのだ。てっきりシベリア経由と思っていたのだが、北極回り。要するに「夜行便」なので早く着き過ぎると困るわけ。これでも夜明け前の午前4時過ぎの到着。昔のようにアンカレッジにはとまらないのは幸せだが。

 ……というわけで、短い8日間の旅の第1日は飛行機の中で過ぎて行く。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る