昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】1992年スイス・イタリア4人旅(16/20)

<<   作成日時 : 2019/03/16 11:07   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【第19日】1992年(平成4年)10月5日(月) アッシジ→スポレート→カルカータ→タルキニア  ITL100=¥12

 朝9:05に帰りの航空便の「リコンファーム」のため「ローマのJAL」に電話を入れる。06−482−5141。注)この頃は、航空券は持っていても、必ず3日前までに、「再確認」の電話を入れる必要がありました。受けたのはハセガワ(男)。

 9:30、ホテルチェックアウト出発。50キロでスポレート(Spoleto)10:45着。ここも丘の上の街、坂がきつい(車ですが……)。

 正面広場に「ドォーモ/サンタ・マリア・アッスンタ聖堂(Cattedrale di Santa Maria Assunta)」。勿論ロマネスクです。この辺りは教会は沢山あるので、私は「ロマネスク」を選んで訪れているのです。
画像

 ここには「フィリポ・リッピ」の「受胎告知」フレスコ画がありました。これは「マリアの生涯」の一部ですが、「フィリポ・リッピ(父)」の最後の作品で、ここで死亡したのです。墓もこの聖堂内部にあります。
画像

 次に訪れたのは「サン・グレゴリオ・マッジョーレ教会(Chiesa di San Gregorio Maggiore)」これも「ロマネスク」。簡素で力強い、身廊構成です。
画像

 12:50出発。カルカータ(Calcata)へ94キロ。アッシジもスポレートも山上都市ですが、この「カルカータ」は切り立った崖の上に建つ村です。山岳都市の典型。14:30。
画像

画像

画像

 15:10発、100キロ走って、17:30タルキニア(Tarquinia)の「グランドホテル・ヘリオス (Grand Hotel Helios)」へ。ここは「ローマ」以前の「エトルリア文明」の遺跡のあるところ。日没17:45。夏海水浴で賑わうようですが、今は季節はずれ、廃墟のまち(ゴーストタウン)の廃墟に近い感じのホテル。部屋数は55もあるホテルですが、従業員も1〜2人。宿泊客は我々のみ。注)今は改築されて豪華になっているようです。

 海岸が近いので散歩しました。
画像

 部屋食で、カレーと塩昆布・日本酒という取り合わせ。就寝22:00。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】1992年スイス・イタリア4人旅(16/20) 昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる