昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】1992年スイス・イタリア4人旅(15/20)

<<   作成日時 : 2019/03/14 07:12   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【第18日】1992年(平成4年)10月4日(日) フィレンツェ→アッシジ  ITL100=¥12

 フィレンツェのホテルをチェックアウトして、シエナ経由アッシジまでの移動日です。シエナまで70キロ、アッシジまで130キロ合計200キロの行程です。

 ところが「シエナ」に関するデータが全然残っていません。私共夫婦は何度か訪れていますが、義妹夫婦は初めてのはず、飛ばすわけはないと思うのですが、写真アルバムに一枚もない。(元フィルムは捨ててしまって判らない)関連レシートもない。メモにも記載がない。

 想像するのに「10月3日、4日」が、サン・フランチェスコの祝祭(Festa di San Francesco)であることを知り、急拠、「直行」と決めたのだと思います。
画像

 途中の費用記録があります。荷物運びチップLIT5,000。ガソリンLIT50,000。高速料金LIT6,500。これを2軒で分けています。

 アッシジというところは、東西に長い丘の上の街です。「サンフランチェスコ寺院」は西の端、私たちのホテル「サンフランチェスコ(San Francesco)」は教会前広場に続く通りの、角から2軒目です。

 今日は祭りで、丘の上は車乗り入れ禁止ですが、我々の泊まるホテルが、そのど真ん中にあるので、特別許可で、ホテル前まで車を乗り入れ、チェックインのあと、車は丘の下へ駐めました。

 昼食をアッシジのホテルの隣、広場に面した角にある同名の「サンフランチェスコ(San Francesco)」レストランでとっています、そのレシートです。
画像

 COPERTO(席料)LIT16,000。ANTIPASTO(前菜)LIT15,000×2。PRIMO(スパゲティ)@16,000×4。DORCI (ケーキ)LIT7,000。CAFFE(コーヒー)LIT3,000×4。 VINO(ワイン)LIT21,000。 MINERALE(水)LIT2,000。合計LIT152,000。チップを加えてLIT160,000。1人@40,000(\4,800)。

 ちゃんとしたところで食べると、スパゲティ主菜でもこんなに高い……。

 この町は「フランチェスコ修道会」の創始者「聖フランチェスコ」に因んだ寺院があり、信者にとっては「聖地」です。
画像

 「サンフランチェスコ寺院」上堂内部は、またまた「ジョット」の描く「聖人フランチェスコの生涯」28の場面を描いたフレスコ画があるのです、また下堂にはマチブーエの「玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ」があり、観光名所でもあるのです。

 挿絵は「聖フランチェスコ」が「着ていたものを全部脱いで父に返し、世俗とのきずなを完全に絶って、出家する場面」。
画像

 特に有名なのが、15枚目の「小鳥に説教する聖フランチェスコ」です。自然を愛した聖フランチェスコの説教は、小鳥たちにも理解され羽を広げて喜びを表現されたという逸話によるものです。
画像

 表では行列が始まっています。
画像

 この後、サンタキアラ教会も訪ねました。
画像

 聖キアラ(英語読みでは聖クララ)は聖サンフランチェスコにしたがって、女子修道会を始めた聖女です。

 夜は例によって部屋食。就寝22:00。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】1992年スイス・イタリア4人旅(15/20) 昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる