【海外旅行】2004年北欧の旅(2/21)

【デンマークの歴史】

●紀元前1500年頃:青銅器時代に入る。(日本:縄文時代後期)
●紀元前500年頃:ケルト人により鉄器がもたらされた。ケルト鉄器期。(日本:弥生時代)
●5世紀頃ゲルマン民族移動で、ゲルマン鉄器時代に入る。この頃から北方系ゲルマン人(ノルマン人)の一派であるデーン人が、現在のデンマークの地へ到来した。(日本:倭の五王/応神・仁徳……雄略)
● 北欧は8世紀から11世紀にかけては「ヴァイキング時代」と呼ばれる。デーン人もヴァイキングとして知られる。優れた造船と航海技術により、デーン人はフランスやブリテン島を攻撃し、征服していった。(日本:奈良・平安朝)
●王家としての始まりは8世紀とも10世紀とも言われており、欧州で最も古い王室である。(世界1位は日本)
●9世紀、キリスト教(カトリック)を受け入れ、10世紀には神聖ローマ帝国に臣下の礼をとった。(日本:平安朝)
●デンマーク王国の王子クヌートは1017年にイングランドを征服してデーン朝を開き、さらにデンマーク王位についてクヌート王となった。ノルウェーとスウェーデンにも進出し、その支配領域は北海帝国とも言われた。(日本:藤原道長966-1027)
●13世紀、北海とバルト海の貿易で繁栄。(日本:鎌倉時代) 14世紀にはドイツのハンザ同盟と争った。(南北朝時代)
画像

●1397年、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの北欧三国が結成したカルマル同盟が成立、三国はデンマークのマルグレーテを実質的女王とする同君連合となった。(日本:足利義満金閣寺造営1397)
●1523年スエーデンが独立、その後はデンマーク=ノルウェー連合王国として存続。(日本:鉄砲伝来1543)
●ドイツに三十年戦争が起こると1625年に新教徒側でドイツに介入したが失敗。1645年の講和で国土のかなりの部分を失い、デンマークの衰退が決定的となった。(日本:江戸初期寛永年間1624-1645)
●ナポレオン戦争でナポレオン側に付いたが、1814年にスウェーデン軍に破れ、キール条約でそれまで同君連合であったノルウェーを失い、国土を縮小させた。(日本:文化年間1804-1818)
●プロイセン・オーストリア軍との戦争に敗れ、1865年に最も肥沃なシュレスヴィッヒ・ホルシュタインの両州を失った。領土回復の夢を追わず、残された国土をフルに活用しようという小国主義に転換した。(日本:大政奉還1867)

●ナチス=ドイツが1939年9月、ポーランドに侵攻して第2次世界大戦が始まった。東部戦線が一段落した1940年4月、ドイツ軍は突如、デンマークに侵攻、たちまちのうちに占領され、降伏した。ドイツの占領下で、レジスタンスやゼネストによる抵抗運動が続き、1945年5月4日のドイツ降伏により、6日、解放された。
●東西冷戦が深刻化するとデンマークはノルウェーと共にNATOに加盟し、西側寄りの姿勢を明確にした。
●1973年にはイギリス・アイルランド共にECに加盟(拡大EC)、経済構造も工業化を進めている。しかし、EU共通通貨のユーロの使用については2000年の国民投票で否決された。

 挿絵はデンマークの地図に今回の旅の宿泊地を記しました。
画像

 北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである。自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。

 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位。(ウィキペディアより)

 面積総計:43,094km2。人口総計(2016年):5,707,251人。通貨:デンマーククローネ(DKK=\18/2004年)。女王:マルグレーテ2世。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る