【男の台所】最近の朝昼晩の献立

 三食のうち、朝の「定食」は変わりありません。画像だけ再掲します。
画像

 詳しくは【男の台所】我が家の朝飯レシピhttps://romaneko.at.webry.info/201702/article_10.html

 昼は、妻は「マクドのビッグマック1/4+フライドポテト」なのです。 以前1/2と書きましたが、半年前ぐらいから1/4になりました。フライドポテト付きで買って来ても、本体は「冷凍/解凍」で割合おいしく頂けますが、「ポテト」はレンジで温めても、パサパサして美味しくありません。

 「代替品」をいろいろ試してみましたが、最近見つけたのが、「ニチレイの北海道産ジャガイモのフライドポテト(シューストリングカット)」250g冷凍です。この商品はすでに油で揚げてあるのだそうです。
画像

 私はこれを50gくらい(袋の1/5)をフライパンで、大さじ一杯(15g)の油のうえに重ならないように並べ、2分。ポテトが透き通ってきた頃に「フライ返し」や「惣菜箸」でポテトを転がして、焦げ目がすこし見える程度(3分くらい)で、キッチンペーパーの上に取り並べ、食塩一振りで、キッチンペーパーに包んで、油をとってやると、けっこう「ほっこり」の「フライドポテト」完成です。(取説には200gの油を使えとありますが、たったの15g~20gでやっています)
画像

 飲み物は相変わらず「コカコーラ」。これも「zeroコーラ」を選んでいます。

 私の昼食は、いろいろ変化があります。以前は夏は素麺、冬はうどんかラーメンと決めていましたが。麺類は「味噌ラーメン」が好物で「冷凍 日清のラーメン屋さん みそ」が買い置き品でした。半年ほど前から、「アマゾンのバントリー」サービスが意外に安く、品物も豊富なので、よく利用するようになりました。そこで試しに買った色々な「カップラーメン」が面白くて、あれこれ試しました。

●マルちゃん マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺 120g
●ニュータッチ 凄麺 京都背脂醤油味 124g
● ニュータッチ 凄麺札幌 濃厚味噌ラーメン 162g
●ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ 105g

などなど……
画像

 私はこれに、「キャベツ」か「もやし」、そして卵を一個割り込んで食べるのが通例です。こんな事をしていると体重が2~3キロ増えるのです。食べる前に「麺」を2~3割捨てているんですが……。

 それで、お昼は「日本酒1合とミニチーズ一個」というのを2週間ぐらい続けましたが、続かず逆戻り。

 毎週水曜日は「ビーナスクラブ高鷲」で帰宅が12:30前後になります。この日の昼食は「姪」の差し入れです。妻の分は「マクド」。私の分は日替わりで「サンドイッチ」やら「各種麺類」が主体です。「ヒトに作って貰う食事」は、新鮮です。

 最近は散歩に出て外食というのも始めました、徒歩片道1キロの「外環」沿いに「CoCo壱番屋のカレー」「五味八珍ラーメン」などがあるので、「食べる」を楽しみに歩こうか……というもくろみです。何しろ100メートルおきに立ち止まらなければならないような運動能力では、散歩キライといって居れません。

 これもいつまで続きますか……。私の昼食の現況でした。

 本当に頭を使うのは夕食です。以前は夫婦2人分同じモノを作って食べていました、ところが妻の方が「帯状疱疹後神経痛」と言うことで刺激性のモノを一切受け付けなくなり、また入れ歯も外してしまって、麺類や硬いものが駄目……、となると何時も何時も妻に付き合っていられなくなり、別々のメニュー・個食になることが多くなってきました。

 例えば、サイドメニューや味噌汁は共通でも、メインは「妻/牛丼」「私/カレー」という具合。サイドメニューも「妻/たらこ」「私/明太子」といった具合。チョット面倒ですが、それでも私は私なりに食べたいモノがあります。

 ただわたしは日本酒1合が優先で、寿司やカレー・カツ丼などの場合を除き、白ご飯抜きでお酒だけです。
ご飯は大好きなんですが、この年になっても、肥満気味で、常にダイエット?

 このように複雑になってきた夕食メニューに「アマノフーズ」の「フリーズドライ」は「味噌汁」を含む「汁物」主体ですが「お湯を注すだけで一品」というのは「大助かり」です。

 私が炊事を始めた30年前は、味噌汁作成は、まだ「いりこ」を数匹「前日」から水に浸け置きといった手間のかかるモノでした。それが「理研だし/いりこ」に変わり、「だし入り液体味噌」で2分仕上げに変わったのが2~3年前のこと。今や「アマノフーズ」で熱湯30秒。しかも具材が豊富で、とても2人世帯では「使いこなせない」素材が用意されており、食卓が豊富になりました。これは「感謝感激」です。

 もうひとつの「感謝感激」はネットの「クックパッド」。先日も「甥」から「篠山土産」と「茎についたままの枝豆」が届きました。正直言って、家で「枝豆をゆがく」経験ははるか昔。でも今は「クックパッド」を覗いて「枝豆」を検索すれば「下洗い」「豆袋の両端を切る」「塩は何グラム」「茹でるのは何分」「後処理」から「冷凍保存」まで詳しい解説。iPadをキッチンにもっていき、首っ引きで調理完了です。切り離した豆だけが600グラムもあったので、深鍋をもたない我が家では、深めのフライパンで2度に分けて処理しました。
画像

 以前、妻が料理していた頃は「懐石弁当/志の島忠著」というのを、ちょっとお客があったときなど参考にしていたようです。これは「自炊」してコンピューターに入っています。全然見ませんが……
画像

 定年後、炊事を引き継いだのですが、私は「料理教室」へは行ったことがありません、コンピューターに残っているのは「NHKの料理入門」。
画像

 こんなので、だしの取り方とか、魚の焼き方とか勉強したようです。当時もう「冷凍庫」も「電子レンジ」もあったと思いますが、これらの本には全然出てきません。

 さて、いまの夕食は、料理といっても、7割までは「レトルト」や出来上がり「惣菜」の盛り付けになっていますが、それでも、「菜っ葉と揚げの含め煮」「高野豆腐と生椎茸、蒲鉾の煮付け」「付け添えの野菜やポテト」「天ぷら/フライ」などなど「手料理」が加わります。こんな時も「クックパッド」は色んなヒントを与えてくれますので、本当に重宝しています。ただ最近は「プレミアムサービスおすすめの画面」が出たり、ここから先は「プレミアムサービス」と意地悪されるのが残念です。月額260円なんですが……。

 気がつくと、最近「理研の素材力いりこだし/かつおだし」が全く減りません。それだけ「手料理」が減っていると言うことです。出汁もこのところ「ミツカン追いがつおつゆ」で済ませていることもあります。とにかく「家庭調理」は変化が激しいようです。また半年したらレポートしましょう。

この記事へのコメント

鰹節
2018年11月22日 23:42
フライドポテトの挿絵が、丁度プチプチと揚げててみたいで、美味しそうです。試してみます。
2018年11月23日 10:35
鰹節さま
 「フライ返し」や「惣菜箸」でポテトを転がすのが、なかなか上手く行きません。短いのや、薄くて火の通りの早いモノから、紙の上に移しています。最初の頃は結構焦げ目が出るまでやりましたが、今は、色が透き通ると、もうほっこりしているようなので、早めにあげています。試してみて、良い方法が見つかれば、お教えください。
鰹節
2018年11月23日 18:50
早速チャレンジしました。同じ品が見つからず、AJINOMOTO製です。20cmのフライパンに大匙1弱のオリーブ油に50gを投入、焼きそばの要領で(但し湯差しは厳禁)蓋をして高温に。暫し見守り、下面焼き色が付いた頃を見測って、フライ返しで数本づつ返しました。両面焼き色がついたところで、ペーパーにとり、塩(丁度戴き物のオリーブ香草塩があり)を振って、完成。少しムラありますが、思いの外の出来栄えで、家人の評価点「美味しい!」を獲得!テイクアウトは湿って残念でしたが、これからはこの方法でカリッ&ほっこりの出来立てを楽しめそうで嬉しいです。有難うございました。
2018年11月23日 21:13
鰹節さま
 イヤー素早いですね。味の素も出してるんですね。今ネットで確認しました。成功されたようで、お役に立てた事、嬉しいです。有り難うございました。

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る