【雑感】劇場プログラムは語る(5)辻久子定期演奏会

 1952年(昭和27年)12月。ヴァイオリニスト辻久子の第26回定期演奏会。ピアノ伴奏:松井重博。大阪毎日会館。
画像

 曲目は、ベートーヴェンの「クロイツェルソナタ」、モーツァルトんp「ヴァイオリン協奏曲第五番。その他「G線上のアリア」を含む小品集。
画像

 曲目解説と、辻久子の紹介。
画像
画像
画像
画像

 筆者の結婚した年の暮れです。

 辻久子さんは、1926年(大正15年)生まれ。私たち夫婦と同年代です。まだご存命のようです。1935年(昭和10年)リサイタルデビュー後、1938年(昭和13年)日本音楽コンクールヴァイオリン部門で第一位となる。その後ヴァイオリニストとして活躍。大阪芸術大学名誉教授。

 関東では「諏訪根自子」。関西では「辻久子」といわれた時期がありました。

 1973年(昭和48年)に、自宅を3,500万円で売却し、3,000万の「ストラディバリウス」を購入し、話題となる。(ウィキペディアより)私共も驚いたことでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る