【海外旅行】1991年スイス山歩きとフランスロマネの旅(4/20)

【フルカ峠越え】

【第5日】9月22日(日)レート:1SF=\93.28

 ツェルマットお別れの日。6:30起床。マッターホルンには雲がかかっている。8:00朝食。二人連れの女性と話しをする。10:30チェックアウト。140SF×3泊+ペプシコーラ2.5SF=422.5SFダイナースで支払。

 駅からカートを借りてきて、スーツケースを運び、サンモリッツまでチッキにする。8×2=16SF。駅のキオスクで氷河特急のグラス15×三個、キーホルダー7×三個、計66SF。駅二階でコインロッカーに手荷物預け、街歩き。
画像

 「氷河特急」はこんなに急な傾斜の所はないのですが、「お愛嬌」でしょう。

 またビタミンC500mg×30錠=9.2SF。ビタミン複合30錠19.5SF。リップクリーム5.2SF。

 「氷河特急(Glacier Express)」12:10発、35号車21,22。2人席。キレイでゆったり。
画像

 オーヴェルヴァルト14:50着。駅でPTT(ポストバス)ののりばが何処か聞く。バスの切符もココで売っている。半額カード呈示で8.7×2=17.4SF。

 16:12バスに乗る。昔の「郵便馬車」が発展したもののよう。ラッパのマークと、停留所で運転手が「ポスト」の内容物を取り入れ、積み込むところが特徴。
画像

 ベルベデーレ(Bervedere)で下車。ここは名のごとく「美しい眺め」。すぐ近くにローヌ河の源流地点と氷河があり、「氷河トンネル」を見学。
画像

 注)今は温暖化で、氷河が後退してスゴく遠くになったようです。当時はバス停からすぐでした。ローヌ河はフランスに入り、リオン、アヴィニョンを経て南、地中海にそそぐ。

 16:55出発。フルカ峠を通過して下り、17:40アンデルマット駅に到着。バスの中から見えていたので「メトロポールホテル」に歩いて17:50チェックイン。朝食付き140SFは予約通り。301号室、広く、道路に面した部屋。

 18:00散歩に出る。(日出没計算では日没は19:26。その後1時間ほど薄明が残る)

 パウロ&ペテロ教会というのがありました。こじんまりしたバロック一身廊の清楚な感じの教会でした。ここではときどき、音楽会などが催されるようです。田舎町では普通のことですが……。
画像

 チョットお蝋燭1SF×2をあげてきました。私たちはクリスチャンではないのですが、ロマネスク美術に興味があり、教会堂は覗いてみることが多いのです。

 2キロほど先に「悪魔の橋」という名所があるのですが、今回は車でないのでパスしました。(翌年訪れました。)

 駅前迄行き、ホテルへ戻ったのが18:30。その足でホテルの食堂へ……。私フィレステーキ35、妻ウインナーシュニッツェル17、スープ4、テーブルワイン300cc7.7、アイスクリーム4、チップ5。20:30入浴、22:00就寝。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

プロフィール

ニックネーム:
ろまねこ
性別:
出身地:
神戸
居住地:
藤井寺
趣味:
スケッチ、水彩、
読者メッセージを送る