88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】1993年ドイツ温泉OFF・下見旅行(3/3)

<<   作成日時 : 2017/11/15 08:32   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

◎第5日 1993年3月21日(日)バンベルク→ニュールンベルク
 08:00散歩。大聖堂ミサ。外で「お絵かき」。09:30ホテルに戻り、チェックアウト。DM180。ガレージ代DM10。10:00出発。駅前でコーラDM2、スプライトDM2。

 11:30ニュールンベルク市内に入る。聖ゼーバルドゥス教会(一番古い13世紀)で駐車。一部ロマネスクだが殆どゴシックになっている。中央広場(マルクトプラッツ)は広くて美しい。ここの「聖母教会(フラウエン教会)」もゴシックだが立派。人形が巡る「仕掛け時計」がある。

 広場に面したお店で、ニュールンベルク名物のソーセージで昼食。付け合わせはチョット酸っぱい「ザウアークラウト」にビールがお伴。
画像


 広場には「願い事をしながら金の輪を3回まわす」というのがあって、交替によじ登って願い事をしました。
画像

◎第6日 1993年3月21日(月)ニュールンベルク→ディンケルスビュール→ローテンブルク

 08:30銀行。DM400のトラベラーチェックをキャッシュに交換。手数料を差し引かれて、DM392.5の現金。
ホテルチェックアウトはダイナースカードで……DM160。ガレージ代DM14。聖ロレンツォ教会には立派な薔薇窓と天井からつり下げられた「受胎告知」の彫刻が有名。拝観料(入場料)1人DM1。
画像

 シュミットというお店で、ニュールンベルク名物の「エリーゼン・レープクーヘン」というお菓子を買う、DM12。
画像

 注)このお菓子、ナッツの入ったクッキーですが、ドイツでは法律で「25%以上のナッツ、10%以下の小麦粉」の場合この名称が許されるそうです。ドイツってキチンと法律で決まっている事が多いんです。ビールなどのグラスに「0.3l」といった線が入っているのをご存知でしょうか。最近日本でもグラスに線を入れようという運動が起こっているようです。→「関東甲信越地区計量団体協議会計量グラス(計量線入り)推進委員会」
画像

 10:00発、ネルトリンゲン11:15着。教会の塔に登る。一人DM2。

【下見】小さくて可愛い街ネルトリンゲンは、ひらけてしまい十数年前の感激はなく、OFFでは時間の関係もありパスすることにする

 12:30発、ディンケルスビュール13:20着。ドイッチェハウスで昼食。牛と子牛定食DM25.8とスズキ(魚)定食DM29.8グラスワインDM7.9。

【下見】OFFでも「ドイッチェハウス」は昼食候補。

 15:00発、ローテンブルク15:45着。女どもは「クリスマスショップ」へ。男は「ガストホッフ・グロッケ」という安宿にチェックイン28号と29号室。後、迎へに行く。ツリーDM6.95、鐘DM5.5。ヤコブ教会は閉まっていた。またリーメンシュナイダーの彫刻に逢えなかった。

 街を散歩して、マクドナルドでハンバーガーとサラダを買って、ホテルに戻り夕食は+カップヌードルで部屋食。注)わが家の旅は昼食はしっかりお料理を食べて、夕食は部屋食というスタイルが多い。

【下見】ローテンブルクの超一流「ホテル・アイゼンフット」でパンフを貰い 「グロッケ」という★★★ホテルに泊まったが、場所もよく、値も安く、それで居て結構清潔で、部屋も広いので、OFFの候補に入れる事にした。

◎第7日 1993年3月23日(火)ローテンブルク→カルフ→バーデンバーデン

 07:00ホテル一階で朝食。小雨模様。ブルク門、城壁で写真。08:00チェックアウト。08:50ローテンブルクを離れ、11:00カルフ(CALW)着。タウンホールとヘルマン・ヘッセの生家。昼食はクレープDM6.5と5.5。

 14:00バーデンバーデン着。

【下見】バーデン・バーデンでは、日本から当地の温泉観光局にFAXで問合わせたとき、多量のホテルその他の施設案内(英語版)を入手済だったので、その情報で「まこと」さん推薦のホテル「ビショッフ」の隣の「フリードリッヒ浴場前ホテル」に泊まる。地の利は抜群だが、一階の食堂の脇から入るアプローチがいまいち・・・「ビショッフ」も部屋を見せてもらったが・・・

【下見】これとはべつの現地旅行業者推薦の「ホテル・ベーレン」「クイーンズ・スポーツホテル」へ実際に行ってみて、所在、雰囲気を確かめる。クイーンズはアメリカ風で内部のアスレチック設備はよさそうだが、ホテルとしての雰囲気ゼロ。「ベーレン」は街中心からは遠いが、建物、内装、庭など雰囲気抜群。 「まだむ・ろまねこ」は絶対ここに決めたという。決断が難しい。(結局ここに決めました)

【下見】カラカラ浴場には入ったが、フリードリッヒ浴場の方は「OFF」に取っておくことにした。

【下見】郊外の「ゴルフ場」に行き、プレーの条件等を聞く。コースもそんなに良くなくて、18ホールはあるのだが、ショートホールが10ホールもあり、パー64という半端なゴルフ場なのに、日本の何処かのメンバーで無いと駄目という。私はメンバーだが家内が非メンバーの場合、同伴プレーは駄目かと聞くと「駄目だ」という、プライドだけ高いクラブです。(結局、帰国後相談の結果、プレーは断念しました)ヨーロッパでは、一般的にはかの名門「セントアンドリュース」でもそんな厳しいことは言わないのに・・・と今でも不思議に思ってます。

【下見】カジノも覗き、ビヤホールも下検分して、OFFの目玉「バーデン・バーデン」の下見を終える。ここでびっくりしたのは、街の中心部を南北に2キロ程、自動車道が地下トンネルになっていること、街中はバス、タクシー以外は乗入れ禁止。車ではなかなか難しい町である。

 夕食、今日は「レーベンブロイ(LOEWEN・BRAEU)」(有名ビール会社の直営レストラン)で4人でDM91.4
(約6,000円)。

◎第8日 1993年3月24日(水)バーデンバーデン→ハイデルベルク→フランクフルト→機中

【下見】09:00、温泉観光局に行き、担当の「PETER SAUR」さんに会い、現地のバス会社を2〜3社聞き出す。ここで「素人が自分で色々手配するよりも却って旅行代理店に任せた方が良い」日本のドイツ観光局のS氏に相談して、大手旅行代理店を紹介して貰うのが良いと言われた。

 11:00発、12:00ハイデルベルク到着。お城、ワイン試飲。駐車して街散歩。ドーナツとパンで昼食代わり。

【下見】ハイデルベルクは3度目、大学、学生酒場、古い橋、城・・・、ここでも駐車には苦労した。OFFの時は「バス」だから何とかなるだろう。

 16:00フランクフルト空港着。レンタカーを返してチェックイン。

 19:20NH210便にて成田へ……

◎第9日 1993年3月25日(木)機中→成田→自宅

 14:35成田着。大阪組と別れ、つるやパーキングから車を受け取り、一路小平宅へ。(完)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】1993年ドイツ温泉OFF・下見旅行(3/3)  88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる