88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】1988年天山南路からパミール・ガンダーラ・前半(9/10)

<<   作成日時 : 2017/09/06 17:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

●第7日 9月18日(日)クチャ滞在(2泊目)クズルガハ千仏洞

 08:00起床。外では工事中。また犬が吠えてうるさい。09:30朝食。10:30出発。クズルガハ(克孜尓尕哈)千仏洞へ。西13キロ。途中「鍵番」が合流バスに乗る。

 10:40クズルガハ烽火(のろし)台。漢の時代。川岸の台地。「クズル」は「娘」、「ガハ」は「留める」という意味。狼の糞を焚いたので狼煙(のろし)とも書く。昼は煙。夜は火でもって信号を送った。山では5キロ間隔、平地では15キロ間隔に設置。高さ15m。上の小屋を入れると17.8mといわれる。
画像

 11;00クズルガハ千仏洞につく。4世紀。ここは昨日の「キジル」に比べると、外側の整備がいい。内部は探検隊だけでなく観光客も剥がし取りなど傷付けたという。
画像

●11・13・14窟:3m四方。
●15窟:小さい。高さも1,5m。
●16窟:4m四方、高さ5m以上。壁画は壊されている。
●27・28窟:ビハーラ洞窟(僧坊)。向かい側。
●30窟:伎樂天・舞天。
●四角天井。三角隅持送り。
●本当の千仏洞。横向きボールト。紫・白・空色のチェス模様。
●?窟:飛天・動物の生活。鳥が印象に残った。

 一つの窟だけでも、完全復元できればいいと思う。

 「鍵番」の写真を撮る。彼は途中でバスを降り、砂漠に中を歩いて帰る。見渡しかぎりでは人家が見えない。地平線の彼方まで歩くのでしょう。
画像

 12:20クチャ大寺(モスク)。近所の子供が集まってくる。街中で日干し煉瓦を作っている。泥土を木箱のような型に詰めて、トンと叩いて取り出し、天日に干すのです。
画像

 12:50「亀茲故城」といっても城跡ではなく街の外郭を囲んだ城壁の残骸。漢から唐まで栄えた。周囲7キロ。13:05招待所に戻る。妻洗濯。14:00昼食。

 14:30団体行動で。市内散歩。 クチャの現地ガイド:庫車県外事弁公室 趙軍。

●焼きたてのパン(大きいドーナツ型)・アメリカのベーグルみたい。円筒形の釜の内側に貼り付けて焼くのです。1ヶ:2角(0,2元=18円)。焼きたては美味しい。そして蠅がたかっていない。釜から出したてを待っていて買うから……。
画像

●キーホルダー:小坊主ほか:0.46元と0.4元。
 参考までに当地の物価抜粋:
●単車:1184元(約4万円)……当地の成人の平均年所得相当。じゅうたん工場女工の月給22元。
(1988年当時の日本の給与平均……約400万円。)
●ラジカセ:(ダブルカセット):893元
●靴:5〜6元。●ハミ・ビール:1,68元。●白葡萄酒:1.43元。子供のランニングシャツ:1.04元。

 挿絵は街で見かけた「ロバ車」。
画像

 17:00又お出かけ、スバシ(蘇巴什)故城。23キロ。35分。河西城跡。
画像

 ショウコリン(昭怙釐)大寺。仏塔に登る。ドイツ系観光団と会う。川向こうにも遺跡(河東城跡)が見える。

 19:00帰着。公衆シャワーへ。20:00夕食。吐魯番葡萄酒を提供。従業員が西瓜を買いに出掛けたが、待ちきれず解散。21:30。23:00カップラーメンを作って食べる。

 注)持っていたらよかったモノ:「焼き海苔」。現在中国元所持高:331元。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】1988年天山南路からパミール・ガンダーラ・前半(9/10) 88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる