88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】1988年天山南路からパミール・ガンダーラ・前半(1/10)

<<   作成日時 : 2017/08/21 11:35   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 海外旅行を楽しみたいという思いで、早々と退職を決めた私が最初に選んだのが、子供の時から親しんだ「孫悟空」と「三藏法師」の歩んだシルクロードからインド(パキスタン)へ抜ける、あこがれの18日間の大旅行です。秘境はカラダの動く、若い間に行こうという考えもありました。勿論妻と同行です。挿絵は「irasutoya.comさんから無料借用しました。
画像

 まだ勤務中だった6月に予約して、6月末退任。催行はその秋9月12日出発でした。そのまえに奈良で開催されていた「シルクロード博」を覗いたり、紀ノ國屋でNHKの「シルクロード糸綢之路」第四巻・第五巻・第六巻を買って読んだりして予習しました。

 朝日新聞系列の「朝日サンツアーズ」主催の旅行でした。少し料金は高めですが、企画手配がしっかりしているようなのでこの旅行を選びました。15名+添乗員(Sさん男性)1名。参加費用一人:\455,000+査証代¥3,000+取扱手数料¥6,500。

 簡単に経路を書きますと、成田から空路北京へ飛び、一日市内観光の後、空路ウルムチへ。そこから「バス」でトルファン、コルラ、クチャ、アクス、カシュガルと天山南路(タクラマカン砂漠)を旅して、タシュクルガンから南へ国境を越えてパキスタンのフンザ、ギルギット、アボダバード、ラワルピンジまで約2,800キロの旅。ここから空路カラチへ、インド洋(アラビア海)を望み、一泊の後、北京経由成田へ帰国という行程です。挿絵はウルムチからラワルピンジまでのバス行程図。
画像

 私は中国には、1973年に「北京工業展」にアテンドのため、約1ヶ月半滞在した経験があります。当時は毛沢東ー周恩来の時代で、「文化大革命」はやや下火となり、日中国交正常化を記念に最初の「展覧会」「技術交流」の場でした。まだ「民主化」になっておらず、治安は大変良い時期でした。

 今回の旅は、それから15年。ケ小平の「改革開放路線」が敷かれて10年目、という時期で、経済活動は活発化してきましたが、その分やや生活マナーなどの低下を感じました。

●第1日 9月12日自宅→成田→北京

 05:45小金井市の自宅から「新調の四輪駆動ブルーバード」で出発。酒々井Pにて朝食弁当を食べる。08:30成田空港着、つるやパーキングに車を預ける。09:30、G76団体受付カウンターにチェックイン。両替:10万円をUS$733に、釣り銭56円。レート:136円35銭/$。他に日本円15万円持参。

 参加者は、夫婦者は私たちを含め二組、母娘一組、単身男子4名、単身女子5名、といった構成。この時期まだ収入レベルに対し、旅行代金が高額だったことと、期間が18日間と長期だったので、セレブな感じの人が多かったようです。

 自宅住所は福島1名、茨城1名、東京6名、神奈川3名、愛知3名、広島1名。団体旅行で渡される名簿は1970年前半までは、フルアドレスがついていましたが、70年代後半からはプライバシー保護のため、住所は市区までの表記になり、写真交換などのためお互い個人的に詳細住所を取り交わす必要がありました。

 10:30再集合。11:30発パキスタン航空PK753便。機体はジャンボ・ボーイング747。シート31F/G。13:00機内昼食。中国税関用紙記入。時差1時間戻す。以後現地時間表記。

 15:20北京空港着。32℃快晴。16:30入国手続きを済ませ現地バスにて北京市内へ。 北京現地ガイド:趙さん(女性)。全線ガイド:董(とう)さん。
 
 ホテル着17:00。「華都飯店」の予定が「燕翔飯店」に変更。所在地は空港と市中心部との中間点。滞在型ではないので特に不便はなかった。6階1605室。18:00夕食。第一夜は平穏無事。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】1988年天山南路からパミール・ガンダーラ・前半(1/10) 88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる