88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【スケッチ淡彩】作品・花(4)陶器の花器

<<   作成日時 : 2017/05/13 13:18   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 一番多いのが「陶器の花器」です。シンプルなもの、取っ手のついたもの、模様や図柄がついたもの。色々ありますが、まずシンプルなものから……

 光っている側の輪郭線は殆ど見えないくらいに軽く、そして教室の窓の明かりが映り込んでいるように、白く残しました。立体感、透明感、硬質感が表現出来ているでしょうか。
画像

 凹凸のある器。上端部に白い部分を残し、花瓶の厚みを表現したつもりです。
画像

小さい取っ手のある花瓶です。草花の絵柄がついていましたが、省略してあります。 
画像

 これも花瓶の上縁と左肩にハイライトを残し、幾何学模様の色調は実際よりも淡く描いてあります。
画像

 このような特異な形状の器は難しいです。
画像

 また、このように派手な模様が入っている花瓶も、花と競合してしまう感じで、うまく描けません。たいていの場合は、図柄を省略して、無地で描く方が無難な気がします。
画像

 この花瓶も何回も描きましたが、やはり模様は淡く省略して描いた方が良いと思っています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【スケッチ淡彩】作品・花(4)陶器の花器 88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる