88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】トラブル物語(15)傷病と旅行保険(下)

<<   作成日時 : 2017/04/17 07:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 借りた車がワゴン車(たしかトヨタエース)で、乗り降りに苦労するほど座席が高かったので、この時はドイツで遊んでまた北欧で友達と合流するという、30日間の長期旅行の中間、腰が痛くなって一日ホテルで休んだことがありました。
画像

 2008年6月9日(月)ストックホルムで、A夫妻はTさんとNさんを連れて、市内観光に。私たち部屋にいても退屈なので、日本の保険会社に電話して、タクシー代なども出ると言うことを確認してから、ホテルに聞いて腰痛の手当をして貰いに妻付添で、少し遠いが総合病院迄出掛けました。

 そこの相談所のようなところで、市民ではないので「救急」ということで、飛び込み診察して貰えないかと聞くと、なんと「救急」は12時間待ちだという。どうもよく判らないのですが、そんなに待てる訳がないです。粘っていると、ここの地下駐車場の脇のところに貴方の要求に合う医院があるからそこへ行けと……。

 小さな医院で4〜5人待合室に人が待っている。ここでコレコレと英語で説明すると、医者はあと1時間すれば来る、それまで待てるかという。OKと応えると、今度は、初診料が1400クローネ先払いだという。1スエーデンクローネは約18円。何と、初診料\25,000。ビックリしましたが、保険で戻って来るので、カードで支払いました。

 結局、お尻に注射一本、後は痛み止め錠剤は処方箋のみ、ということでまたタクシーでホテルへ……。翌朝、ゴッドランド島へのフェリー波止場へ行く途中、薬局で薬購入。薬は万国共通「ボルタレン錠」でした。
 
 この時の医療費:タクシー往=310SEK、病院=1400SEK、タクシー復=205SEK、薬=120SEK(SEKはスエーデンクローネ)すべてカードで支払ったので、後日カード会社からの円換算の引落合計\36,996円也、ほぼ同額保険から銀行口座に入金されました。

 旅行中、疲れで、胃腸に来て、腹痛も何度か経験ありますが、もう絶食で切り抜けるだけです。風邪引きなどは数え切れないくらい、それでも殆ど、日程はコナしていきます。

 また1994年のこと、パリのシャンゼリゼの有名カッフェ「フーケ」でお茶をしたとき、タルト(Tarte)「焼き菓子」と間違えて、タルタル(Tartare)を注文してしまい、出てきたのが「タルタルステーキ」(生の牛肉のみじん切りを味付けしたハンバーグの生のようなモノ)。
画像

画像

 それが食べてみると美味しいのです。4人で一皿を分けて食べたのですが、これが旅の終わりに近い日、翌朝同行のI夫妻はスイスの甥御さんのところへ……リヨン駅までお送りしてホテルへ戻ってくると、妻の調子が変、下痢、吐き気、熱を計ると39度……きっと前日のタルタルが悪かったのだ、旅の疲れか、食中りか?

 ダイナースクラブのエマージェンシー・アシスタンス(パリ・日本語)に電話すると、英語の出来る医者でよければ、往診可能とのこと。診療費はキャッシュで払い帰国してから保険請求すればよいと。1時間ほどで印度系の医者が部屋まで来てくれる。聴診器を使っての診察と問診。下痢は「ジェリー」と言うらしい。「タルタル」の話しをして、結局「解熱、下痢止め、吐き気止め」の薬の処方箋。近所の薬局で買い求めて、食欲が出たら「ライス」系統を食べさせるようにと。

 「6か国語会話」で「診断書」の処を指差して、保険金請求のために必要だから書いてくれというと、結局往診料350フラン(約¥7,000)の領収書の処へ病名を書いていたようです。(フランス語だから読めない・・・(-_-;))。

 医者の帰った後、私も検温すると38.5度。同じ薬を飲んで、ちょっと横になる。電話でI夫妻に電話すると、無事甥御さんとは会えたが、やはり奥様の方が調子が悪く、旦那は元気ということでした。

 それでも若かったのですね(68歳)、半日寝ただけで、もう翌日はシャルトル大聖堂へ、夕食は「さしみ・てんぷら盛り合わせ定食」と元気回復。

 注)後日私のかかり付けの医者に話しをしたら、39℃も出たのなら、単なる疲れでなく、細菌性のものでしょうとの診断でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】トラブル物語(15)傷病と旅行保険(下) 88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる