88歳:昭和/平成の思い出をつづる

アクセスカウンタ

zoom RSS 【海外旅行】トラブル物語(18)ラーメン・ピクニック

<<   作成日時 : 2017/04/24 08:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 1976年(昭和51年)1月元日。団体旅行ですが、リスボンからマドリッドへ飛んで、そこから私たち2人はレンタカーを借りて、トレドまで単独行動をしました。

 夜ホテルへ戻り、また翌朝、暗いうちに朝食抜きで、風車を求めて、ラマンチャ地方へ車を走らせました。先ず目指したのは「コンセグラ」。出発前に友人Aさんから走っていれば、左手の山に水車が見えるからすぐ判るよ……と聞いていましたが。

 町も村も朝靄の中、地図を頼りに、適当に左折して、路上で道を掃く婦人に風車のある丘は?と聞こうとするのですが、「風車」のスペイン語がわからない。紙に絵でも描けばいいのに、とっさのことで思い至らず、両手を広げてグルグルとジェスチュア。多分判ったらしく、こちらの道をと教わって、坂道を登る。

 人家もなくなって、丘の頂きにに上がったようですが、それこそ「霧の中」。広場らしいところで車を停めて、見回す。何にも見えない、どうしょうと泣きそうになったとき、突然霧が流れて、その向こうに「風車」が見えた。見る見るうちに霧が晴れ青空の下に丘の上に3つ4つと白い風車小屋……感激でした。
画像

 さてうまく「風車」が見られたので、一安心、ここで、東京から準備してきた「固形燃料」をつかって、お湯を沸かし、カップラーメンでラーメン・ピクニックを楽しもうとしたところ、アリャ、無念・残念マッチがない……
画像

 あたりには人影もなく、麓の村迄戻るか? スペイン語でマッチはどう言うのだ!糞! 安物のレンタカーだから車にシガーライターも付いてない。 スペイン野郎どものケチ! 烈火のごとく怒ってみても火はつかない。

 寒い中、腹の中まで冷え切った感じで、次の村へ向かうのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【海外旅行】トラブル物語(18)ラーメン・ピクニック 88歳:昭和/平成の思い出をつづる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる